便秘で吐き気や腹痛で困ったときの対処法とは

Pocket

腹痛、下痢を伴う便秘は、気分が悪くなったり、お腹が張ったりしますよね。

そして、何日も便秘が続くと腹痛で気分が悪くなり吐き気まで出てしまう。

また、便秘でコロコロ便を頑張って出しても、今度は辛い下痢に悩まされるようになる。

これでは気分がスッキリしません。

なぜ、便秘なのに吐き気が出てしまい、下痢になってしまうのか?とても心配ですよね。

このサイトでは、便秘で吐き気や腹痛、そして下痢になる原因を書いています。


<スポンサードリンク>




便秘で腹痛や吐き気がでる原因とは

便秘で腹痛や吐き気、ときに下痢になる原因を突き止める前に、「便秘」の種類を確認しておく必要があります。

たんに「便秘」と言っても、病気を疑う場合と精神的な場合とがあります。

便秘を大きくわけると「機能性便秘」「器質性便秘」になります。

『機能性便秘』

特に大腸に異常がない場合の便秘を機能性便秘と呼ばれています。

機能性便秘の場合、個人差が大きいので一概に「便秘の原因はこれだ!」と言えないようです。

一般的には、3日以上便が出ない、そしてあったとしてもほんの少量が便秘と定義されているようです。

他には、残便感や腹痛、腹部膨満感、食欲低下などの症状がでる場合、それは便秘と定義されるようです。

機能性便秘の症状

・ 便秘と下痢が交互に起こる

・ 下腹部の痛み

・ 硬くコロコロした便

『器質性便秘』

器質性便秘は、胃や小腸、大腸、肛門などが病気になっている可能性があり、これが原因で便秘になっている状態を指すようです。

器質性便秘の症状

・ 吐き気や嘔吐

・ 激しい腹痛

・ 便に血が混じる

・ 発熱

便秘と吐き気で気分が悪い場合、腸閉塞や腸捻転、腹膜炎などの病気なのかもしれません。

もし、吐き気以外にも激烈な腹痛や寒気がしたら一刻も早く病院で診察を受けてください。

病気の便秘と精神的便秘の見極め方

便秘で腹痛や吐き気、頭痛などの症状がある場合、それが単なる便秘なのか、病気による便秘なのか見極める必要があります。

一口に「便秘」と言っても原因や症状は様々なため、見きわめが難しい場合は診察を受けることをお勧めします。

一般的な便秘(特に大腸に異常がない場合)の原因は下記のとおりです。

1:食物繊維不足による便秘・・・・弛緩性便秘

食の欧米化で、野菜の摂取量が少なくなっていることが原因です。

食物繊維は、腸の動きを活発にしたり、便を柔らかくしてくれます。

しかし、一概に食物繊維を摂れば良いというものではありません。

食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があります。

不溶性食物繊維をたくさん食べると逆に便秘になってしまう可能性があります。

水溶性食物繊維は、善玉菌を増やす効果もあり、整腸作用があります。

2:運動不足による便秘・・・・弛緩性便秘・痙攣性便秘

現代人は忙しく、運動している暇がありません。

そのため、多くの人が便秘に悩まされています。

そして、運動不足は便秘の原因にもなります。

運動することで排便に必要な筋力をつけられる。

また、運動することで、自律神経の乱れを整えることができます。

3:ストレスによる便秘・・・・痙攣性便秘

胃や腸などの臓器は自律神経で精密にコントロールされています。

自律神経が乱されると「蠕動(ぜんどう)運動」が上手にできなくなります。

そして、便秘や下痢を起こします。

引越しや人間関係の変化など、環境の変化もストレスになるので、便秘になります。

ストレスが原因での便秘には、痙攣性便秘と過敏性腸症候群が当てはまります。

4:水分不足による便秘・・・・弛緩性便秘

水分が不足すると身体は水分がある場所から水分を奪います。

腸内にある食物から水分を補充するため、便は固くなります。

その結果、便秘を起こしてしまいます。

5:病気・薬の副作用による便秘・・・・薬物性便秘

薬の副作用として便秘になります。

便秘の原因になる薬としては

・ 抗コリン作用剤(パーキンソン病治療剤、抗うつ剤など)
・ 麻薬
・ 制酸剤
・ カルシウム剤

薬の種類によっては、服用を中止することができない場合があるので、医師の判断を仰いでください。


<スポンサードリンク>




ストレスと便秘との関係、過敏性腸症候群とは

便秘になる原因で最も大きいのは、ストレスです。

ストレスで便秘になってしまうのが、過敏性腸症候群と言われる病気です。

過敏性腸症候群の主な症状

下痢型:突如、腹痛が起き下痢をする

便秘型:便はコロコロ便となり、排便が苦しくなる

混合型:下痢と便秘を繰り返す

過敏性腸症候群は、先進国に多く発生しています。

日本での発生率は、10〜15%と言われていて、診察する人の3分の1が過敏性腸症候群だという統計があります。

男女別では女性に多い傾向があり、男性は下痢型、女性は便秘型が多く見られます。

ストレスが腸に悪影響を与えるのは、脳と腸は密接につながっているからです。

特に腸が敏感になっているため、少しのストレスにも過剰に反応してしまいます。

そのため、下痢や便秘が続くことになってしまうのです。

『過敏性腸症候群の治療』

過敏性腸症候群の治療は、ストレスが大きく関係しているので、自律神経のバランスを整えることが最重要課題です。

自律神経のバランスを正常にするには、精神のケアや食事療法、運動が必要です。

不規則な生活や慢性的睡眠不足、慢性疲労、などの生活習慣を見直すことも大切です。

他には、お酒などのアルコールの摂取量を減らす、禁煙、刺激物(辛いもの、コーヒなど)を控えることも大事です。

ま と め

正常な便は、黄色から褐色で半ねり状で出てきます。

しかし、便秘になるとコロコロ便で色は黒くなってしまいます。

それに息が臭くなってしまいます。

お腹が張った感じや食欲がないなどなんとなく気持ち悪いのも便秘のせいです。

便秘になるのは、精神的と生活習慣が関係しています。

なので、生活習慣を見直すことができれば、便秘解消につながります。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

少しでもあなたの健康維持に役にたてば嬉しいです。


<スポンサードリンク>




Pocket

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ