コーヒーが美肌を作る?

Pocket

“コーヒーが美肌に良い本当の理由”

コーヒーを飲むと何となく「肌が黒くなる!」と思い込んでいる人、まだいますよね。
実は、コーヒーは美肌効果が期待できるのとシミができるのを予防できる効果があるとしたら・・・


<スポンサードリンク>




抗酸化でお肌が綺麗

都市伝説で良く聞くのが、「コーヒーを大量に飲むと肌が黒くなる」
でも、コーヒー成分を良く見てみると
クロロゲン酸などのポリフェノールが豊富に含まれています。

ポリフェノールとは、『ファイトケミカル』の一種で

ファイトケミカルの効果

・ 抗酸化力(加齢を予防)
・ 免疫力アップ
・ 健康維持

など、年齢とともに気になることを
改善してくれるとても頼りになる成分なのです。

ポリフェノールは身体に蓄積されづらく、
3時間程度で抗酸化力を失うと言われています。

コーヒー1杯(約140cc)には約280mgのポリフェノールが含まれています。
これは赤ワインと同じ量ですし、お茶の約2倍の含有量にあたります。

空気を吸っているだけでも細胞が錆びつきます。
まして、「ストレス」「タバコ」「アルコール」など
細胞を錆びさせる生活習慣をとっている人には
錆びから守るためにもコーヒーは欠かせません。

例えば、『皮をむいたリンゴ』を3分間放置していただけで
赤茶色に変色してしまいます。

これは、空気に触れたリンゴが錆びてしまったのです。
これと同じ原理で空気に触れた細胞が錆びてしまう
これが、シワたシミ、たるみの原因となってしまうのです。

つまり、コーヒーが美肌に良いのはコーヒー由来の抗酸化力を使い
細胞を錆びにくくしているから、お肌が綺麗になる、と言うわけです。


<スポンサードリンク>




ポリフェノールが美肌対策に有効

1:シミを抑制

神戸大学名誉教授の市橋正光先生グループが
コーヒーの効果研究に取り組んでいます。

コーヒーに含まれるクロロゲン酸(ポリフェノール)が
シミの原因、色素成分メラニン生成が約3割も抑えられること
が研究の結果としてわかったようです。

2:シワやたるみ予防

シワが増えると年より老けて見えますよね。
それは、活性酸素が体内で悪さをするためです。

しかし、コーヒーに含まれるポリフェノールには、老化の進行を遅くする
活性酸素を除去する働きもあります。

知らず知らずのうちに活性酸素が体内で発生し、それが原因でシワ・たるみを起こしてしまいます。
なので、コーヒーを飲むことでこの活性酸素を除去してくれる優れものなのです。

ま と め

活性酸素が人を見た目より老けさせてしまっているのです。
その活性酸素を除去してくれるのはコーヒーだったとは意外です。

つまり、コーヒーが健康促進、健康維持やお肌のために日課にしたいものです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
少しでもあなたの健康維持に役にたてば嬉しいです。


<スポンサードリンク>




Pocket

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ