一眼レフにするかミラーレス一眼を簡単比較、初心者におすすめのカメラとは

Pocket

スマホに押され、一眼レフを持つ人も少なくなりました。

しかし、ミラーレス一眼の登場で簡単に綺麗な写真を

誰でも写せるようになりました。

それに、ミラーレス一眼はレンズも交換できるのが魅力です。

スマホのカメラよりずっと画質も機能も豊富で

今まで撮った写真はなんだったのか?

そこで初心者向けにミラーレス一眼の魅力とはを解説してみました。


<スポンサードリンク>




一眼レフの構造から優しく解説

簡単に一眼レフの構造を・・・。

一眼の意味は、そのまま「1個の眼」と言うことです。

2眼カメラと言うものも存在していて、

筒の上から覗くように使用し、

上のレンズがファインダー用(画像を見る)と

下のレンズが撮影用の2眼からなっている。

2眼
(Wikipediaより)

つまり、一眼レフとは、写そうとする(被写体)を

直接見ることできるカメラと言うことです。

一眼レフは画像をファインダーまで届けるためにミラーが使われています。

「私自身が使っていたもの」

一眼レフ

真ん中に見えるのが「ミラー(鏡)」です。

このミラーがあるおかげで一眼レフが大きくなってしまうのです。

良くドラマの撮影の裏話で出てくる「レフ版」を思い出すとわかりやすいです。

役者さんに自然な光をあてるためにレフ版は使われます。

これと同じで一眼レフの「レフ」とは

「光を反射する」意味の「レフレックス(reflex)」の略。

構造

シャッターボタンを押すと、このミラーが跳ね上がり

昔なら「フィルム」に今なら「撮像素子」に光が当たり画像を撮影します。

シャッターが切られると、再びミラーは元の位置に戻ります。


<スポンサードリンク>




ミラーレス一眼の「レス」とは

一眼レフはレンズを通った被写体をファインダー越しに

見えるように内部に「ミラー」があります。

このミラーをなくしたのが「ミラーレス」です。

ミラーレスにすることで、小型化・コンパクトにすることが可能になりました。

例えば、

キャノン・EOS Kiss X8i 質量:約555g

kiss

キャノン・EOS M10 質量:約301g

eos
(画像はcanon/hpより)

この差が大きいのです。

写真を撮るぞ!と意気込むのなら多少重くてもいいでしょう。

しかし、子供の遊ぶ姿やランチの写真を撮るのなら

デカくて重い一眼レフよりは、バッグに入るミラーレス一眼がいいでしょう。


<スポンサードリンク>




一眼レフとミラーレス一眼の選び方

初めて一眼を持つ人は、「一眼レフ」か「ミラーレス一眼」か

どちらがいいのか?迷うとおもいます。

そこで、ズバリ!

『ミラーレスか一眼レフか究極の選択』

あなたが、今回カメラが欲しいと思った動機を思い出してください。

例えば、

・ 子供の運動会や成長記録を残したい

・ 風景をたくさん撮りたい

・ 動くもの(クルマや電車など)

この他にもあると思います。

できるだけ細かくすることがポイントです。

そして、その中から一番撮りたいものを選びます。

私の場合、動くものと子供の成長記録だったので

迷わず「一眼レフ」にしました。

なぜなら、動くもの(子供も含め)しっかり構図を決めたい。

それなら、ミラーレス一眼は苦手な部分かな、と思い

「一眼レフ」に決めました。

大きく重くても、それほど気になりません。

さすがに、ランチやディナーなどの料理を撮るとなると

スマホになってしまいます。

『ミラーレス一眼の得意技』

ミラーレス一眼の一番のメリットは「コンパクト」

だから、気軽に持ち歩ける。

そして何気ない風景や子供の仕草をそっとスナップできる。

他には、ミラーが無い分、シャッター音が小さいです。

また、スタイリッシュな機種も選択できます。

『一眼レフの得意技』

どっしり構えて、いかにも撮りますよ!

が、似合うのは一眼レフです。

また、動きの早いもの、悪環境などでは光学式ファインダーが頼りになります。

そして、レンズやアクセサリーが豊富にあり選択幅も多いので

撮影の醍醐味を味わえます。

ごつい、持ってます感は確かにありますが、

それが逆に嬉しく感じることでしょう。

<まとめ>

カジュアルに気ままに手軽に楽しむなら「ミラーレス一眼」

カメラを本気で楽しむなら「一眼レフ」

他の選択としては、入門編として「ミラーレス」にして

深く楽しみたくなったら「一眼レフ」でもいいかと!


<スポンサードリンク>




Pocket

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ