コーヒーの飲み過ぎで眠れないやめまい・だるい、腹痛などの症状が起きる?

Pocket

仕事の一息に、眠気さましに、とあなたは1日に何杯コーヒーを飲んでいますか?

なんとなく力が出ない、やる気が起きない、だるいなどを毎日感じているのならコーヒーの飲み過ぎが原因かも知れません!

何気なく飲んでいるコーヒーですが、健康に良いと言われる反面、病気にすることもあるのです。

つまり、リラックス効果があるコーヒーも飲み過ぎると内臓に負担をかけると言うことです。

では、コーヒーの飲み過がどんな症状を起こすのか?

詳しく見ていきましょう。


<スポンサードリンク>




コーヒーの飲み過ぎが原因で出る症状

コーヒーの飲み過ぎは胃酸の分泌を増やします。

胃酸が増えることで「胃潰瘍」「十二指腸潰瘍」「胃食道逆流症(逆流性食道炎)」などの病気なる可能性があります。

しかし、コーヒーの飲み過ぎが(1日5杯以上)原因で胃腸の病気になることはまだ明らかになっていません。

胃潰瘍などを起こす原因としては、喫煙やストレス、ピロリ菌が一番の要因です。

つまり、たまたまコーヒーを飲んだ時に胃が痛くなったとも言えます。

でも、実際にコーヒーの飲み過ぎが原因でこのような症状がでます。

・ 不眠

・ 頭痛

・ 吐き気

・ 下痢

・ 腹痛

・ めまい

・ だるさ

などです。

他には、妊婦がコーヒーを飲み過ぎると胎児に影響を与えるリスクが高くなったり流産の危険性があります。

また、肝機能の働きがよくない人は高血圧のリスクが高くなってしまいます。

つまり、コーヒーのカフェインが病状を悪化させてしまいます。

なので、「睡眠障害」や「胃潰瘍」「パニック症候群」を持っている人はコーヒーの飲み過ぎに注意してください。

コーヒーの飲み過ぎが原因の腹痛・眠れない・下痢になる理由とは?

コーヒーの飲み過ぎが「不眠」や「めまい」を起こす理由に、コーヒーの成分が関係しています。

それがカフェインです。

カフェインは総合感冒薬や鎮痛薬などの医薬品に使われる成分です。

その効果

・ 覚醒作用

・ 解熱鎮痛作用

・ 強心作用

・ 利尿作用

です。

しかし、飲み過ぎの副作用として

・ 不眠

・ めまい

・ 頭痛

・ 集中できない

・ 疲労感

・ 気分の落ち込み

・ 吐き気

・ 筋肉痛

が起きることがわかっています。

他の副作用としてはミネラルの吸収を悪くすることで骨を弱くしたり、カフェイン依存を起こします。

カフェイン依存症になると、コーヒーを飲むのを我慢すると禁断症状が現れます。

例えば、

・ 頭痛

・ 短気

・ 集中できない

・ 疲労感

・ 過眠

・ 胃の痛み

・ 関節の痛み

などが起きます。

これらはコーヒーを飲むのを我慢してから約12〜24時間後に発生します。

その後は約2日ほどで収まりますが、長い人なら9日もかかります。

つまり、コーヒーを日常的に飲み過ぎると止めた時に副作用を起こすことがあると言うことです。


<スポンサードリンク>




コーヒーの飲み過ぎで「腹痛」「眠れない」「めまい・だるい」を起こさない飲み方とは

コーヒーの飲み過ぎは健康に悪いですが適量を飲むことで健康効果や病気の予防につながります。

カフェインの上限摂取量は、アメリカ食品医薬品局(FDA)のガイドラインで決められています。

その量は、1日に「約400mg」までとなっています。

コーヒーに含まれるカフェインは「およそ100mlあたり60mg」となっています。

・ コーヒーカップ(150ml) ・・・1日4杯

・ 缶コーヒー(200ml)・・・1日3本まで(ただしブラックに限る)

つまり、それぞれカップに換算すると1日あたり3~4杯が適量です。

そしてコーヒーには驚くべき健康効果があるのです。

コーヒーには、クロロゲン酸などのポリフェノール含有量が多いのでがんや糖尿病、動脈硬化などの予防に有効的と言われています。

ポリフェノールとは、抗酸化物質で自然界には5000種類以上も存在すると言われています。

あなたが空気を吸うだけで体の中では、活性酸素と呼ばれる有害な物質が発生します。

これが病気の元や老化につながると言われています。

この活性酸素を抑制するのが「ポリフェノール」です。

なので、コーヒーを適量飲むことは健康効果が期待できるのです。

ま と め

どんな食品でも食べすぎは副作用がでます。

例えば、肉ばかり食べていると脂肪肝や肥満の原因になってしまいます。

これを同じでコーヒーも飲み過ぎは不健康になってしまいます。

コーヒーを適量飲むことは、「リラックス効果」や「病気の予防」に役立ちます。

なので、気分転換程度で飲む程度で抑えることが大切です。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

少しでもあなたの健康維持に役にたてば嬉しいです。


<スポンサードリンク>




Pocket

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ