コーヒーの効果とは?

Pocket

“コーヒーの効果”

コーヒーの大量摂取で死に至ったニュースもあったので「コーヒーが健康に良い」と思っている人には衝撃的だと思います。

太古の昔、コーヒーは嗜好品ではなく病気を治す『薬』だったと知ってしましたか?

コーヒーの歴史を紐解いてみるとアラビアでは、薬として使用されていた、と言われてます。

つまり、コーヒーが死因の原因ではなくコーヒーの飲み方、カフェインの摂り方が問題だという事です。


<スポンサードリンク>




コーヒーの効果とは

コーヒーの効果

コーヒーにはどんな効果があるのか
検証してみましょう。

1;長生き(長寿)

2;ダイエット効果

3:脳の活性化

4:リラクゼーション効果

5:糖尿病予防効果

コーヒーにはカフェイン、クロロゲン酸が多く含んであり
その効果が身体を健康にしてくれる作用をしてくれます。

例えば、

カフェインは、血管を収縮させる作用があるため
血液の流れを良くする効果があると考えられています。

クロロゲン酸は脂肪燃焼効果があるため
ダイエット効果が期待されると考えられます。

これらの効果が結果的に

・ 心臓血管の病気や心疾患のリスクを軽減する可能性がある。
・ 脳卒中になる確率を軽減する可能性がある。
・ 肝疾患、肝臓がんのリスクを軽減する可能性がある。
・ パーキンソン病のような脳が収縮する疾患のリスクを軽減する可能性がある。
・ 2型糖尿病になるリスクを軽減する可能性がある。

と、認知されています。

しかし、コーヒーならなんでも良いのか?
といえば、飲み方やコーヒーの種類で
逆に健康を悪化させることがあるので
注意が必要です。


<スポンサードリンク>




コーヒーを飲む時の注意点とは

コーヒーは自動販売機やコンビニで簡単に
そして手軽に買うことができます。

できるだけ、ブラックで飲むことです。
それも、その場で豆を挽いたコーヒーが良いです。

なぜなら、缶コーヒーには色々と身体に悪い成分が
多く入っているから。

例えば、「人工甘味料」

・ スクラロース
・ アセルスファムK

が入っています。

ミルクが意外に健康に悪いことを
知らない人が多いのも驚きです。

つまり、コーヒーにミルクや砂糖をたっぷり入れ
1日に何杯も飲んでしまえば『健康に良い』はずがありません。


<スポンサードリンク>




Pocket

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ