リオ女子卓球団体、福原・石川・伊藤無念の3位決定戦へ

Pocket

リオ女子卓球団体準決勝は、8月15日4時間を超える熱戦の末、3位決定戦でメダルをかける

準決勝は、「シングル」「シングル」「ダブルス」「シングル」「シングル」でチーム一丸で戦う。

第5試合、決勝戦に進むためには福原愛選手が苦手とするカットマン「イン・ハン」を破る必要がある。

最後まで目を離せない試合展開、第5試合、第5ゲームまでもつれ込む。

卓球女子団体、「試合結果:日本:2-3:ドイツ」で決勝進出ならず 

2大会連続メダルを懸け3位決定戦へ


<スポンサードリンク>




リオ卓球女子団体準決勝第1試合

『女子卓球団体準決勝試合結果』

『第1試合 伊藤美誠(9位)vs.ペトリサ・ソルヤ(15位)』

・ 第1ゲーム

伊藤美誠選手は、序盤からドイツのエース・ソルヤを圧倒する。

オリンピック初とは思えない15歳、落ち着いた試合展開で11-5の1ポイント先取

・ 第2ゲーム

伊藤美誠選手のミスが目立つ第2ゲームでは、あっけなく4-11でこのゲームを落とす。

・ 第3ゲーム

序盤は、第2ゲームの流れのまま2-5となり、そこから反撃開始。

最後は、11-8でこのゲームを守り切った。

・ 第4ゲーム

ラリーが続き左右に振られる伊藤美誠選手は、流れを作る間もなく6-11でこのゲームを落とす。

これでゲームカウント2-2となり第5ゲームに

・ 第5ゲーム

勝敗をかけたファイナルでは、序盤から伊藤美誠選手が流れを作る。

フォアから強烈なスマッシュで9-3とリード。

しかし、最後はバックハンドで返した球がオーバーし試合を落とす。

『第1試合結果』

選手名・得点・結果・選手名
伊藤美誠(9位):2ー3:ペトリサ・ソルヤ(15位)

・  11- – – – -5
・   4- – – – -11
・  11- – – – -6
・   6- – – – -11
・  10- – – – -11

リオ卓球女子団体準決勝第2試合

『第2試合 石川佳純(6位)vs.イン・ハン(7位)』

・ 第1ゲーム

石川佳純選手はカットが得意なイン・ハン選手に流れを作られ、2-7と大きくリードされる

中盤では、3連続ポイントなどを奪う攻防を見せたが、最後は粘り負けで6-11で第1ゲームを落とすことに。

・ 第2ゲーム

序盤から0-4でリードされ、この流れを崩せないまま、最後は石川佳純選手のスマッシュがオーバーし、2失点となる

・ 第3ゲーム

崖っぷちに立たされた石川佳純選手だが、4連続ポイントで5-1とこのゲームの流れを作る。

このまま逃げ切り11-6とし、1対2とする。

・ 第4ゲーム

第3ゲームの良い流れのまま、3-1とリードしそのまま逃げ切り11-6のゲームカウント2-2とする。

・ 第5ゲーム

どうしてもこのゲームは取っておきたい石川佳純選手は、3-1と流れを作ったまま、11-8でゲーム終了。

これで対戦成績1-1のする。

『第2試合結果』

選手名- – – -得点・結果- – – -選手名
石川佳純(6位)3: – 2:イン・ハン(7位)
・  6      -    11
・  9      -    11
・  11     -     6
・  11     -     6
・  11     -     8

リオ卓球女子団体準決勝第3試合

『第3試合 福原愛、伊藤美誠vs.シャオナ・シャン、ペトリサ・ソルヤ』

第3試合はダブルスで日本は福原愛・伊藤美誠のダブルエースペアで臨む。

・ 第1ゲーム

序盤からシャン・ソルヤ組にリードを奪われ5-10と流れを変えらないまま、6-11でこのゲームを落とす。

・ 第2ゲーム

中盤から流れは日本へ。

5-8とリードを取られたが中盤では8-8の同点に。

そのまま、福原のスマッシュが決まり12-10で福原・伊藤ペアが1対1とする。

・ 第3ゲーム

良い流れのまま、5-1とし、11-7で2対1とする。

・ 第4ゲーム

第3ゲームのまま行くか!と思ったが、シャン・ソルヤペアも執念で追いつき、最後は9-11で2対2の同点に。

・ 第5ゲーム

ダブルス最後の試合は、序盤からリードを許し、逆転もできないまま7-11で終わる。

後がないことが裏目に出たのか、福原・伊藤ペアは焦りからか流れを引き戻せず相手に4連続ポイントを与えてしまう。

これで、1対2の日本勢にはあとがなくなった。

『第3試合結果』

選手名- – -得点・結果- – – -選手名
福原 愛(8位)     シャオナ・シャン(21位)
伊藤美誠(9位):2 – 3:ペトリサ・ソルヤ(15位)

・ 6- – – – -11
・ 12- – – – -10
・ 11- – – – -7
・ 9- – – – -11
・ 7- – – – -11


<スポンサードリンク>




リオ卓球女子団体準決勝第4試合

『第4試合 石川佳純(6位)vs.シャオナ・シャン(21位)』

・ 第1ゲーム

序盤から流れを作った石川佳純選手は、相手にミスをさせるほど圧倒的な強さみせ、10連続ポイントとる。

そのまま、11-2でまずは1勝を手にする。

・ 第2ゲーム

第1ゲームの流れのまま、第1ゲームに突入!

中盤では一瞬危ない場面でデュースに持ち越したが、最後は得意のフォアが決まり13-11で2勝目をあげる。

・ 第3ゲーム

流れは一気に石川佳純選手へ。

途中、相手に6連続ポイントを奪われ、このまま終わるのか、と思ったが石川も5連続ポイントで波に乗る。

決戦はデュースになるが、安定した石川佳純選手が粘りに粘って14-11とし、対戦成績2-2のドローへ。

残るファイナルは、『福原愛選手』に委ねられることに

『第4試合結果』

選手名- – 得点・結果- – 選手名
石川佳純(9位):3- – 0:シャオナ・シャン(21位)

・   11- – – – – 2
・   13- – – – – 11
・   14- – – – – 12

リオ卓球女子団体準決勝、後がない福原愛

最終ゲームにもつれ込んだ卓球女子団体戦の行方は、エース福原愛に!

対戦相手のイン・ハンはカットが得意な選手のため、苦戦することが予想される。

『第5試合 福原愛(8位)vs.イン・ハン(7位)』

・ 第1ゲーム

エースの貫禄か福原愛選手は、カットマン相手でも粘りを見せ優位に試合を進め11-7で1ゲーム先取。

残り2ゲームをとれば、決勝戦進出確定

・ 第2ゲーム

しかし、そう簡単にはゲームは進めなかった。

福原愛選手はカットマン対戦は十分にしてきているはずだが、ミスを連発してしまう。

9-11とされ1対1に

・ 第3ゲーム

第2ゲームの流れを変えることができずにリードを許してしまう。

4-11の1対2にされ、もう日本勢には後がなくなってしまった。

・ 第4ゲーム

決勝戦に行けるかどうかの瀬戸際に立たされた福原愛選手は、ここで流れを変えることができた。

本来の愛ちゃんの実力が発揮!粘りに粘りを見せ11-6のゲームカウント2-2とする。

・ 第5ゲーム

第5ゲームが全てを決める!

第4ゲームの勢に乗りたい福原愛選手は、序盤に3ポイント連取されてしまう。

その後一気に6連続ポイントを決め、望みはまだ失っていない。

しかし、不運にも最後は、卓球台のエッジに球が当たり、それで試合が終わった。

これで、日本は決勝進出を逃してしまった。

『第5試合結果』

選手名- – -得点・結果- – -選手名
福原愛(8位):2- – – -3:イン・ハン(7位)

・   11- – – – -7
・   9 – – – – -11
・   4 – – – – -11
・   11 – – – – 6
・   9 – – – – -11

ま と め

卓球女子シングルに続き、団体戦でも3位決定戦で勝敗を決める福原愛選手。

団体戦最後は「エッジボール」であえなく終わったことが相当悔しかったのか、審判にジャッジを求める姿も。

しかし、認められないことで日本勢は、8月17日の3位決定戦に。

対戦する相手は8月16日の準決勝「中国vsシンガポール」の勝者と戦うことに。


<スポンサードリンク>




Pocket

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ