だるい・やる気が出ない40代、50代が疲れやすい原因とは

Pocket

40代や50代は、仕事や家事、子育てなどやることが多くて精神的にも肉体的にも、悲鳴をあげる年代です。

「だるい」「やる気が出ないの」は、疲労かもしれません。

そして、「だるい」「やる気が出ない」のに無理に病名をつける必要はありません。

年齢とともに身体が変化し、その結果「だるい」「やる気が出ない」と言った症状を出すことがあるのです。

それをこのブログでは説明しています。

「だるい」「やる気が出ない」本当の原因はこれだ!


<スポンサードリンク>




だるい、やる気が出ない40代、50代の原因

男性、女性に関係なく、40代〜50代になると、ホルモンが低下することで「心」と「身体」に変化が起きます。

その結果、様々な症状が出てきます。

『男性の更年期障害』

「心の変化」

・ イライラする

・ 不安

・ うつ

・ 食欲減退

・ 不眠

・ 集中力の低下

・ やる気がでない

「身体の変化」

・ 多汗症

・ ほてり

・ めまい

・ メタボリックシンドローム

・ 筋肉量低下

・ 関節痛

・ 疲労感

・ 高血圧

・ 心筋梗塞

・ 狭心症

『女性の更年期障害』

「心の変化」

・ イライラ

・ 不安

・ うつ

・ 不眠

・ 倦怠感、疲労

・ やる気がでない

「身体の変化」

・ ほてり

・ のぼせ

・ 乳房の痛み

・ 脈が早まる

・ 多汗症

・ 肥満

・ 痩せ

・ 頻尿・尿もれ

・ 冷え

・ 頭痛、頭が重い

・ 抜け毛・薄毛

・ めまい・耳鳴り

・ 肩こり、腰痛

これらの症状に気がついたら、これこそ「更年期」に入っているのかもしれません。

更年期に入ると、男性・女性にホルモンバランスの乱れや減少が原因で身体の変化や精神のバランスが悪くなってしまいます。

あなた自身はもとより、家族など周りの人が気がつく変化が「何時もイライラしている」ことです。

イライラやだるい、やる気がでないのは、更年期に入っているサインだったのです。

以前なら、「更年期障害=女性特有」と思われがちでしたが、男性も更年期になると女性と同じような変化がみられます。

40代〜50代男性の更年期障害の原因

男性が更年期に入るとテストステロン(男性ホルモン)値は低くなります。

女性に比べると、男性のホルモン低下はなだらかで症状が出ることはなかったのです。

最近になり30代〜50代の働き盛りの男性のテストステロン(男性ホルモン)が急激に減ることで更年期障害を起こす人が増えていると言われています。

主な原因は、「ストレス」や「生活環境の変化」「ビタミン不足」と言われていますが、まだ明らかにはなっていないようです。

「男性の更年期障害で一番怖い症状」

やる気がでない、だるいなどから「鬱」に進行することもあります。

また、男の象徴であるシンボルが勃起しない『ED』になるのが一番辛いのではないでしょうか。

更年期障害で一番怖いのが、「ED」や「性欲減退」です。

男性ホルモン(テストステロン)には勃起させる、大切な働きがあります。

また男性ホルモンには、異性を惹きつけるフェロモンを出す効果があります。

更年期障害で男性ホルモンが減少すると、性欲が減少し、女性に興味がなくなってしまいます。

また、男性ホルモンは眠りの質を高める効果やストレスを軽くする効果があるので、

更年期障害になると「眠れない」「イライラする」などが起きるようになるのです。


<スポンサードリンク>




40代〜50代女性の更年期障害の原因

女性の場合、更年期に入るのがわかりやすいと言われています。

それは、閉経を迎える前後(5年)の期間に更年期障害が始まるからです。

卵巣機能が低下し始めの年齢になると女性ホルモンのバランスが悪くなり、「心」と「身体」に様々な変化がでます。

閉経年齢が一番ピークになるのが、50歳と言われていますので、45歳〜55歳で更年期を迎えることになります。

年齢とともに、卵巣機能の低下で女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が減少します。

そのため、「イライラ」や「やる気がでない」などの不具合が出始めます。

「女性の更年期障害で一番怖い症状」

女性ホルモン(エストロゲン)は月経や妊娠をコントロールしていますが、それ意外の働きとして、骨密度の維持や自律神経の安定など脳機能にも深く関係しています。

なので、閉経前後の更年期障害が原因で「鬱病」や「骨粗鬆症」、「痴呆症」などを起こしやすくなります。

つまり、女性ホルモン(エストロゲン)が作用するところは「神経・皮膚・血管・骨・脳」と幅が広いため、様々な症状が出てしまうのです。

ま と め

40代〜50代は、仕事や家事、子育てが重なり合って休む暇もありませんよね。

しかし、若いころとは身体の仕組みが変わってきているのです。

その結果、「やる気がでない、だるい、などの心の疲れ」や「ほてり、のぼせと言って身体の不調」を訴えることになるのは、更年期が原因だったのです。

なので、落ち込むことはありません。

身体が変化しているのだと気づくことで、いろいろと対処することができます。

例えば、

・ 朝日を浴びる(体内時計のリセット)

・ 温冷シャワーを浴びる(深い眠り)

・ 汗ばむ程度に散歩(激しい運動は逆効果)

など、心身をリラックスさせてあげることで「更年期」を安らかに過ごすことができます。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

少しでもあなたの健康維持に役にたてば嬉しいです。


<スポンサードリンク>




Pocket

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ