コーヒーの効果と弊害が気になる

Pocket

“コーヒーの効果と弊害”

コーヒーには「アルツハイマー」「痴呆症」を予防する効果があると言われています。

2013年では、高齢化率が25.0%となっていて日本人口の4人に1人が高齢者化社会になり今後ますます、高齢人口が高くなる傾向にあると言われています。

コーヒーの効果には、「美肌効果」や「シミ、シワ」を抑制する効果も期待できます。

なので、1日1杯のコーヒーから加齢を防ぎいつまでも若々しくいたいものです。


<スポンサードリンク>




コーヒーの飲み過ぎの副作用

どんな食事や飲みのもにも、「メリット」「デメリット」は
必ず存在します。

コーヒーにも同じように

【メリット】

・ 長生き(長寿)

・ ダイエット効果

・ 脳の活性化

・ リラクゼーション効果

・ 糖尿病予防効果


【デメリット】

・ 消化性胃潰瘍

コーヒーには胃液分泌を促進するため消化性胃潰瘍を悪化させる可能性があります。
もし、コーヒーを飲んで「胃が痛い」ようならばコーヒーを飲むのは控えてください。

・ 貧血

コーヒーに含まれるタンニンが鉄イオンと結びつき難溶性の物質に変化します。
このため、鉄分の吸収を阻害してしまうことがありますので、貧血気味の方は
食後30分はコーヒーを飲まないようにした方が良いでしょう。

・ 発ガン性

コーヒーとガンは昔から言われている話です。
特にタバコとコーヒーは「胃がん」になると言われています。

厳密に言えば、コーヒー成分の中には発ガン性の疑いのあるものが少なからず含まれています。
2002年に話題になったものではアクリルアミドという物質がそうです。
アクリルアミドはアミノ酸の一つであるアスパラギンとブドウ糖が
高温で反応することで生成され、特に加熱調理した食品の多くに含まれています。

ごはんやパンにも含まれますが、最も濃度が高いのはポテトチップスです。
国立医薬品食品衛生研究所によると467~3,544μg/kg含まれているそうです。

コーヒー(液体)に関しては詳しい数値が見当たらないのですが、ごく微量含まれているようです。

アクリルアミドという物質は、ディーゼルエンジンの排気ガス等と同類の
『2A(人に対しておそらく発ガン性がある)』にランクされています。

(国際ガン研究機関による発ガン性分類より)

『発ガン性の疑いのある物質が含まれている=発ガンする』ことではないということです。

ここで、気になって「コーヒーは良くない」と思ってしまうのは
もったいないです

コーヒーにはガンを抑制する効果もあるので、一概に発がんしてしまう
と考えてしまう必要はありません。

量と質を守っていれば健康に役に立つのも一理です。

・ 口臭

コーヒーに含まれるフラン類がニンニクやニラ等の臭いを消す予防効果があります。

逆に口臭の原因になることもあります。

コーヒーの成分が舌の表面に付着したまま口腔内のpHが下がると口臭を放つ原因になると言われています。

コーヒー成分(クロロゲン酸、タンニン)が唾液分泌を抑制し、口の中が乾くことでpHも同時に下がり
それによって口臭の成分が生成されるようです。

コーヒーを飲んで口臭が発生しやすい状況は起床直後や空腹時など、元々唾液分泌が少ない状態が考えられます。

食中食後であれば唾液分泌も盛んで口腔内のpHも安定しており、コーヒーが原因で口臭は起きないです。

また、淹れたてコーヒーを長時間保温した方が口臭が発生しやすくなります。

なぜなら、長時間コーヒーを保温しておくと、成分が酸化(特に脂質の酸敗)し
過酸化水素などのフリーラジカルが発生することは知らせています。

つまり、飲むなら淹れたてが良いということです。

時間が経っていない淹れたてのコーヒーが良いということです。

色々な場面でコーヒーを飲む機会が多い現代です。

・ 何時作ったのかわからないほど煮詰まったどす黒い珈琲
・ ブレンドと称してくず豆のたくさん入った安いコーヒー豆
・ 焙煎不良、酸腐したコーヒー豆

これらを飲むのは「健康を害する」効果が出てしまうし、
胃腸の負担にもなるのでできるだけ避けるようにします。


<スポンサードリンク>




「陰」と「陽」

必ず日が当たるところ、「陽」があれば「陰」ができます。

薬にも「効果」「副作用」があるように
コーヒーにも「効果・効能」「副作用」はあります。

人間にしても「良いところ」もあれば「直した方が良い面」も
あります。

つまり、メリットとデメリットを天秤にかけたとき
メリットの方が大きいのなら、効果を期待できますし

デメリットの方が大きいのなら、健康に弊害を起こす
危険性もある、と言うことです。

ま と め

イライラしながら、タバコをスパスパ、コーヒーをガブ飲みしていたのでは
胃潰瘍になってしまいます。

これではせっかく効果が期待できる「コーヒー」が
デメリットになってしまいます。

ストレスまみれで1日何十杯と飲むのは避け
リラックスできる環境で好きな音楽を聴きながら
ゆったり過ごす時のコーヒーなら健康増進が期待できるでしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
少しでもあなたの健康維持に役にたてば嬉しいです。


<スポンサードリンク>




Pocket

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ