コーヒーフレッシュになぜ賞味期限がないのか?

Pocket

誰しも「生のコーヒーフレッシュ」が常温で置かれていることに疑問を持たないのがとっても不思議でなりません。

もし、生クリームを使っているのなら、数日で腐ってしまうでしょう。

コンビニでは毎日多くの人が「ドリップコーヒー」を買い求めに来ます。

何気なくコーヒーフレッシュをドバっと入れる光景を良く目にすることがあります。


<スポンサードリンク>




コーヒーフレッシュの原材料を知っていますか?

「コーヒーフレッシュの中身は?」と聞かれたらあなたならなんと答えますか?
多くの人は、「ミルク」「生クリーム」と答えると思います。

その正体を知ったら驚くでしょう・・・。

『植物油と水と食品添加物からできています』

どんな食品にも、成分表は原則表記されています。
でも、コーヒーフレッシュ1個には成分が記載されていません。

それは、大袋に入っているから記載しなくても良いのです。
スーパーに行く機会があれば、裏になんと書いてあるか一度じっくり見てみてほしいのです。

コーヒーフレッシュの成分は、油と水と食品添加物でつくられたトランス脂肪酸の塊だったのです。

油と水はいくら混ぜても混ざらないものです。
理科の時間に勉強した記憶があると思います。

では、油と水をうまく混ぜるのは何かを入れなければいけません。
それが、「乳化剤」です。
それだけだと生クリームに見えないのでとろみをつけるために「増粘多糖類」を入れます。

このままでは不味くて飲めませんので、ミルク風味を出すためミルクフレーバーの「香料」が入っています。
最後にクリーム色を出すことでより一層「生クリーム風」にするため「カラメル色素」が投入されます。

つまり、一滴も生クリーム、牛乳など入っていないということです。

これらの成分が身体にどんな悪さをするのか?
成分を細かくみていくことにしましょう。

コーヒーフレッシュが危険だと言われる理由

コーヒーフレッユの主原料は『植物性脂肪』です。
植物性とだけ聞けば、なんとなくナチュラルでピュアな感じがして
健康に良いような錯覚になりますね。

『植物性脂肪とは』

揚げ油や炒め油として、調理油(サラダ油など)が使われています。
ファーストフードのポテトを揚げているのも植物性脂肪を使っています。

植物性脂肪は、劣化して酸化しやすいという性質があり、これが過酸化脂質へと変化してしまいます。
植物油を加工する工程でトランス脂肪酸が出来てしまうのです。

つまり、コーヒーフレッシュは「トランス脂肪酸」の塊だということです。

他にも「トランス脂肪酸」がたっぷり入った、あなたも知っている食品があるのです。

・ マーガリン
・ ファットスプレッド
・ ショートニング
・ パン、ケーキ、ドーナツなどの洋菓子(ショートニング使用)
・ 揚げ物(ファーストフードのポテトなど)

中には表示がないものも存在します。
お惣菜売り場で売っている揚げ物です。
これら加工食品には表示義務はありません。
なので、トランス脂肪酸を極力避けるためには、油を高温で揚げているフライものは避けたほうが良いです。

他には、何度も加熱した油や日光にあたった油、古い使い回しの油を使用することを避けること。
家庭でも意外にこれはやっています。
使い回しのサラダ油です。

極端な話、腐った油をコーヒーに混ぜて飲んでいるようなものです。
これでは健康になるどころかかえって身体に毒です。


<スポンサードリンク>




コーヒーフレッシュトランス脂肪酸が身体に悪いわけ

トランス脂肪酸は、血液中のLDLコレステロール(悪玉コレステロール)を増やします。
そして、HDLコレステロール(善玉コレステロール)が減らされることが報告されています。

なので、動脈硬化になりやすく、狭心症や心筋梗塞などの原因につながっていくということです。

他のは

・ アトピーなどのアレルギー症の悪化
・ 不妊症リスクの増大(精子含め)
・ 免疫機能の低下
・ 骨の発達が悪くなる
・ 痴呆・アルツハイマーのきっかけ
・ 母乳の質の低下

残念なことに現時点では、日本ではトランス脂肪酸の表示の義務や含有量に関する基準値はありません。

しかし、全てのトランス脂肪酸が悪いわけではありません。
天然にも不飽和脂肪酸は存在しています。

例えば、
牛や羊などの反芻(はんすう)動物がもともと持っている、胃の中の微生物が作り出すトランス脂肪酸です。
なので、牛肉や牛乳や乳製品の中には微量にトランス脂肪酸が含ます。

だからといって、コーヒーフレッシュ安全なのか、と言ったら
それは加工食品なので、天然にないトランス脂肪酸です。

ま と め

ダイエットや身体に良いと言われているコーヒーでも
入れるもの(コーヒーフレッシュ・シュガー)によって不健康になるのでは
本末転倒です。

原価を抑えて利益を上げるのは、会社の使命です。
これは仕方がないことです。

病気になる確率を下げるためにも自己防衛はこれからますます必要になってきます。
少しでも健康に関して情報提供ができれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
少しでもあなたの健康維持に役にたてば嬉しいです


<スポンサードリンク>




Pocket

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ