コーヒーを飲むと胃もたれするのは健康じゃない証拠

Pocket

コーヒーを飲むと胃がもたれるのは、あなたの身体が悲鳴を出しているのかもしれません。

緊急入院してしまう前にコーヒーと胃もたれの関係の話をしましょう。

胃もたれの原因はコーヒーに含まれているカフェインが胃酸と関係しているのです。

つまり、空腹時にコーヒーを飲むと、胃酸が胃の粘膜を破壊してしまうのです。

そのため胃の調子が悪いとき、コーヒーを飲むと症状を悪化させてしまうので、控えたほうが良いでしょう。


<スポンサードリンク>




コーヒーを飲むと胃もたれでチクチクするのは病気の始まり?

コーヒーを飲むと胃のあたりがチクチクと痛くなる、苦しくなる、それが胃もたれです。

胃は、あなたが食べたものをドロドロに消化させるため、非常に強力な胃酸(pH1~2)を出しています。

胃酸が多くなることで胃の機能が低下し、胃もたれや吐き気、胃痛といった症状が出ます。

『胃酸が多く分泌される原因』

・ 食べ過ぎ

食べ過ぎは胃の消化能力をはるかに超え、消化時間が長く続くようになります。

これは、胃酸の刺激時間が長時間続くことになり、胃もたれの原因につながります。

・ 脂肪分の多い食事

食べ過ぎにとても似ていますが、唐揚げやてんぷらなど脂っこい食事を沢山とるで消化するまで時間がかかってしまいます。

その結果、胃に負担が大きくなり、胃もたれが起こりやすくなります。

・ アルコール過剰摂取

アルコールを浴びるほど飲むと、胃酸が自らの胃を消化しようとしてしまいます。

胃は強烈な酸から守るため、粘膜防御機能を持っていますが、アルコールを大量に飲むことで胃の粘膜を弱られてしまいます。

・ 夜寝る直前の食事

寝ている間も胃は消化運動をしています。

しかし、寝ている間は胃の働きは低下しますので、消化できなく残ったもので翌朝に胃もたれを起こしやすくなります。

・ ストレス

胃の消化活動をコントロールしているのは自律神経です。

ストレスによって自律神経が乱れ、それが消化に悪影響を与えます。

慢性的な胃のもたれが胃粘膜や十二指腸に潰瘍ができてしまい、吐血や血便などが起きるケースもあります。

コーヒーが本当に原因?胃もたれの主な症状

コーヒーを飲んでムカムカする胃もたれは、胃の病気を疑ったほうがいいかもしれません。

『胃もたれの原因』

・ 機能性ディスペプシア(NUD)

機能性胃腸症(障害)、機能性ディスペプシアなどと呼ばれています。

胃もたれや胃の痛みなど、胃の不快な症状が3ヶ月以上続いていて、病菌で検査をしてもなんら異常が見当たらない。

原因はまだ解明されていないようですが、自律神経の乱れが原因ではと言われています。

強いストレスや慢性的なストレスを受けていれば神経性胃炎、ストレス性胃腸炎が発症してもおかしくありません。

「主な症状」

・ 吐き気
・ ムカムカ
・ 痛み
・ 胸焼け
・ 食欲不振
・ 不眠
・ 薬の効果が出にくい
・ 慢性
・ 食後のもたれ
・ 少量でお腹がいっぱいになる
・ みぞおちの痛みや灼熱感

・ 胃潰瘍・十二指腸潰瘍

胃潰瘍や十二指腸潰瘍は、胃の粘膜などを防御する働きと消化する働きのバランスが崩れた状態です。

つまり、胃酸よって、胃や十二指腸が自己消化されてしまい、粘膜がただれたり、えぐれたりする病気です。

「症状が現れるのは」

・ 胃潰瘍では食後に持続する痛み・・・中年以降に多い
・ 十二指腸潰瘍では空腹時や夜間・明け方に強い痛み・・・比較的若い人に多い

「主な症状」

・ みぞおちの痛み
・ げっぷ
・ 不快感
・ 嘔吐
・ 背中の痛み

突然の吐血や下血、黒色便などが起きる場合もあります。

・ 慢性胃炎

慢性胃炎は、ピロリ菌の感染とストレスなどの因子が加わって発症すると考えられています。

「4つの胃粘膜の状態」

・ 表層性胃炎(粘膜の表面に軽い炎症による発赤がある状態)
・ 萎縮性胃炎(胃粘膜が萎縮して薄くなっている状態)
・ 肥厚性胃炎(胃粘膜が分厚くなっている状態)
・ びらん性胃炎(炎症によって胃粘膜がただれている状態)


<スポンサードリンク>




胃もたれ改善はコーヒー断飲が効果的

コーヒーは胃酸を多くだし、消化の働きをよくする効果があります。

しかし、体調によっては胃酸が胃の粘膜を溶かしてしまうことで胃もたれを起こしてしまいます。

それほどあなたの胃はデリケートなのです。

そして、過度のストレスや環境の変化が原因で胃炎や胃潰瘍になりやすいものです。

胃もたれを起こさないためにも生活習慣を見直すことも必要ではないでしょうか?

『生活習慣の改善ポイント』

1:喫煙をしない

コーヒーを飲むときタバコを吸いたくなりますよね。

しかし、タバコは胃粘膜を溶かし血行を悪くします。

2:過度の飲酒はしない

アルコールは胃に相当なダメージを与えます。

飲み方を考え、大量に飲むことは避けるようにしましょう。

3:毎日規則的に食事を取る

朝食を抜く、寝る前に食べる、暴飲暴食は胃に負担をかけることになります。

胃酸の刺激を受けやすくなったり、胃酸が出過ぎたりするので規則正しい食事をとること。

4:刺激物を避ける

コーラやコーヒー、紅茶やお茶などカフェインを多く含む物で、胃粘膜が刺激されます。

とくに空腹時は控えた方が良いでしょう。

5:毎日7~8時間の睡眠を心がける

睡眠不足はストレスの原因にもなり、胃に負担をかけてしまいます。

十分な睡眠量と質にこだわることで胃もたれを起こさない。

6:運動を行う

運動は血行を良くし、消化器系の活動を活発にします。

ウォーキングがいいでしょう。

7:ストレス発散

ストレスは身体や精神的にダメージをあたえます。

なので、休養や運動、趣味などでリラックスすることが必要です。

ま と め

軽いストレスはやる気のもとになりますが『過激なストレス』は精神も胃も病気にさせてしまうとても怖いものです。

とくに、胃もたれを起こしているときは、コーヒーを飲む、タバコを吸うことは控えたほうがいいようですね。

それに「よく噛んでゆっくり食べる」ことや「食事の間隔を5時間以上あける」「完食は控える」など、食事の取り方もも注意しましょう。

まず、健康になること、そこが一番重要なポイントです。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

少しでもあなたの健康維持に役にたてば嬉しいです。


<スポンサードリンク>




Pocket

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ