カラオケ大手シダックス大量閉店は一人カラオケが影響か

Pocket

『カラオケ離れ・一人カラオケが影響か?』

カラオケ大手のシダックスが8月末に44店舗を一斉に閉店することが明らかになった、と言われている。

その背景にあるのが、「カラオケ離れ」が影響しているのか、を検証してみた。


<スポンサードリンク>




一人カラオケがストレス解消

仕事や家事で自分の時間が取れない、ノルマが達成できないなどのストレスを抱えていたのでは、体を壊してしまいます。

カラオケは大きな声を出すことで「ストレス解消」になります。

あなたが大好きな曲を大声で歌うことができれば、ストレス解消になるでしょう・・・。

しかし、ファミリーでカラオケ店に行くと、子供の好きなアニソンオンパレード!

友人同士や会社の同僚で行くと、古い曲や知らない曲ばかりで飽きてしまう。

これでは、ストレス解消どころか逆にストレスを溜めてしまいますよね。

その結果、カラオケに行かなくなる。

それが、今回の「シダックス44店舗閉鎖」につながっていると思うのです。


<スポンサードリンク>




一人カラオケが好きなわけとは

歌を歌うこと、それは誰にでもある欲求だと思います。

例えば、知らない間に「好きな歌を口ずさんでいる」

カラオケはストレス解消になりますし、音楽は人を癒してくれます。

しかし、今までのカラオケのスタイルでは

「みんなでいくと友達の歌も聞かないといけなく、自分があまり歌えなくなってしまう」

これが一人カラオケが流行る最大の理由ではあると思っています。

私もカラオケは好きでファミリーや友人同士でいきますが、自分の番になるまで選曲に夢中になり歌った気になりません。

まして、会社の同僚となんか行けば、盛り上げる、おべっかを使う、楽しむことなどできません。

しかし、一人カラオケは、部屋に入った瞬間、そこは自分だけのスレージになるので、良くいきます。

新し目の歌からアニソン、古い歌まで思いっきり歌うことができるので、本当の意味の「ストレス解消」になります。

汗もかくのでダイエットにも良いと言われていますね。

時代は、個々のライフスタイル重視に変化しているのが今回の「シダックス大量閉店」に繋がったと感じます。


<スポンサードリンク>




Pocket

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ