コーヒーが健康に良い報告あり

Pocket

“コーヒーが健康に良い理由とは?”

1杯のコーヒが健康に良い理由が科学的に証明されました。
健康にダイエットにブラックコーヒーを飲んで長生きしましょう。

教授

Aaron E. Carroll教授が発表した内容によると

『原本サイト』

==========================

Just last year, a systematic review and meta-analysis of studies looking at long-term consumption of coffee and the risk of cardiovascular disease was published. The researchers found 36 studies involving more than 1,270,000 participants. The combined data showed that those who consumed a moderate amount of coffee, about three to five cups a day, were at the lowest risk for problems. Those who consumed five or more cups a day had no higher risk than those who consumed none.

==========================

【Google翻訳】

去年、系統的レビューと研究のメタ分析では、コーヒーの長期的な消費を見て、心血管疾患のリスクが掲載されました。研究者らは、以上の127万の参加者を36の研究を発見しました。合成されたデータは、コーヒーの適度な量を消費者として、約3〜5カップの日は、問題の最安リスクがあることを示しました。一日5杯以上を消費する人は、どれも消費しない人よりも無リスクが高かったです

参考英文

しかし、ここで注意してほしいのは
ブラックに限る、ということです。

健康に良いはずのコーヒーが、「ミルク」や「砂糖」を
入れたのでは、健康を害する可能性が高くなります。


<スポンサードリンク>




コーヒーの健康効果

1:『長生き(長寿)』

長生きするためには、病気にならないことが前提です。

日本人の死亡原因ベスト5

・ 悪性新生物(ガン)
・ 心疾患
・ 脳血管疾患
・ 肺炎
・ 自殺

死亡

これらの原因を取り除くことができれば、人は長生きすることができます。
それには、1日、1~5杯のコーヒーを飲んでいた人は、
高血圧などの健康障害を考慮したとしても、死亡する危険性が低い傾向にあるようです。

特に、心疾患、脳卒中、神経疾患、自殺による死亡率が低かったと言われています。

つまり、長生きできるということです。

2:『ダイエット効果』

色々なダイエット法が溢れていますが、コーヒーもダイエットに
とても効果があると言われています。

なぜなら、コーヒー成分(クロロゲン酸)が
脂肪燃焼をしてくれるからです。

コーヒーに含まれるクロロゲン酸が、脂肪を分解し
血液中に放出してくれる作用があると言われています。

その結果、基礎代謝を上昇させ脂肪燃焼をアップし
太りにくい体質に改善してくれます。

もっと効果を期待するのであれば、運動することで
脂肪燃焼を早くしてくれます。

でも、食べ過ぎではダイエット効果も
あまり期待できないかも、です。

1日参考摂取カロリー

【自分の体重×25〜30=必要摂取カロリー】

3:脳の活性化(痴呆症を防ぐ)

コーヒーに含まれるカフェインがアルツハイマーなど認知症の改善に
有用であると言われています。

脳を活性化させるために、カフェインが有効だとも言われています。

それは、カフェインで「リアノジン受容体」を刺激すると、
カルシウム濃度が上昇し、脳内神経で信号伝達が
しやすくなるという実験結果が出ています。

つまり、記憶力が高まる、すっきりするのは
カフェインが脳内神経伝達効率を高めてくれるからなのです。


<スポンサードリンク>




4:リラクゼーション効果

人間関係、仕事でストレスが溜まった時、
コーヒーの香りをかぐだけでリラックスした経験がありませんか?

コーヒーには、リラクゼーション効果があって
香りをかぐだけでもストレス解消になります。

人がリラックスした時に、脳内ではα波を出します。
このα波がもっとも出やすいのが、コーヒーなのです。

コーヒーの香りをかいだときα波が出るということは
ストレス解消になる。
つまり、リラクゼーション効果が期待できるということです。

5:糖尿病予防効果

今や生活習慣病になった糖尿病ですが、
原因を大きく分けると

・ ストレス
・ 肥満(食べ過ぎ)
・ 運動不足
・ 暴飲暴食

からくると言われています。

とくに日本人に多いのが、『2型糖尿病』と言って
最も一般的で10人に9人以上はこのタイプです。

フィンランド国立公衆衛生研究所が行った大規模な調査では、

・1日3~4杯のコーヒーを飲んだ場合、飲まない人に比べ女性で29%、
 男性で27%糖尿病にかかる率が減少

・1日10杯以上飲んだ場合は、女性で79%、男性で55%の減少

という結果が出ています。

これらのほかにも、アメリカやスウェーデン、日本などの各国で、
コーヒーの2型糖尿病予防効果について「効果あり」という研究報告がされています。

「コーヒー協会より引用」

このようにコーヒーは糖尿病の予防には有用のようですが、
実は、すでに糖尿病になっている人は飲み方には注意が必要です。

なぜなら、大量に飲むと食後の高血糖を助長してしまう可能性があると言われています。
まず、医師に相談しながら、楽しいコーヒータイムを満喫するようにしてください。

まとめ

コーヒーには優れた効果がありますが、
前提として、飲み過ぎは良くないということ。

そして、ブラックで飲むこと
缶コーヒーはNGだと言うこと

とくに缶コーヒーは砂糖た脂肪を多く含んでいるため
健康のためコーヒーを飲むのではなく、
病気になるためにコーヒーを飲むようなものです。

なので、できるだけ焙煎したコーヒーをブラックで飲む
ことをお勧めします。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
少しでもあなたの健康維持に役にたてば嬉しいです。


<スポンサードリンク>




Pocket

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ