長生きに必要な健康維持の秘訣とは

Pocket

寝たきりで長生きすることが本当の幸せなのでしょうか?

健康は日頃の生活習慣を見直すことができれば長生きすることはとても簡単です。

病気になって初めて、健康のありがたみを知るのは後悔です。

後悔しない長生きの秘訣は今からできる健康維持です。


<スポンサードリンク>




長生きすることに執着することが健康維持の秘訣>

あなたは明日、死ぬことに悔いはありませんか?

心おきなく死を迎えることができますか?

99%の人はノーだと思います。

それでは、『なぜ?生き続けたいと思うのですか?』

・ やりたいことを全てやりきっていないから
・ 子供ともっと過ごしたいから
・ 好きなことを続けていきたいから ・・・・

10人いれば10通りの答えが返ってくると思います。

身体じゅうに沢山の器具をつけ、ベッドで寝たきりの人生と生き生きと健康的に生きているのと

選択できるのならどちらを選択しますか?

つまり、長生きする秘訣は結局のところ「健康」なのが良いのは誰でも知っていること

しかし、テレビや新聞、雑誌などで頻繁に取り上げられるのが健康に関する話題が多いですね。

それも高血圧や糖尿病、高脂血症といった軽い病状ではなく、生命の危機さえ感じさせられる

がんや脳卒中、心臓病など重い病気のテーマがよく取り上げられます。

以前なら「成人病」と呼ばれていたのが、最近になり「生活習慣病」と呼ばれるようになりました。

そう、毎日の習慣が『健康』と『病気』の分かれ道だということです。

病気にならない、病院いらずの人生を生きるには、現在の生活習慣を一度見直すことが重要です。

つまり、病気は「生活習慣」によって引き起こされているのです。

そこで健康維持をして長生きするには、よい生活習慣を身に着けることしかありません

今回はこれらについて、おすすめできる健康維持習慣を解説します。

病気になる長生きできない生活習慣

・ 朝はあと5分寝たいので朝食は抜き

・ お昼は毎日コンビニ弁当か油っこい外食

・ 夕飯は、ビールとポテチ

・ ストレスまみれの生活

こんな生活を続けていたら誰でも病気になってしまうことぐらいはわかっています。

5年前の生活習慣が今のあなたを作っているとしたら5年後のあなたを作るのは「今!」

なので、今から生活習慣を変えることができれば長生きすることができるということになります。

『長生きする4つの習慣』

1:油っこい食品を避ける

ファーストフードや揚げ物にはとくに注意します。

ファーストフードやコンビニで使われている「油」は質が悪くなんども使いまわしされています。

酸化した油は不飽和脂肪酸が大量に発生し、これが体にとても悪いのです。

2:バランスのとれた食事

栄養のバランスを考えた食事をとること。

栄養のバランスは1週間単位で考え食べ合わせに気をつける。

3:適度な運動をする

汗をかくことでデトックス効果がある。

しかし、過激な運動は活性化酸素を大量に発生させるのでウォーキングなどの軽い運動をする。

4:十分な睡眠をとる

身体と脳のストレスをリセットするには睡眠が必要です。

ストレスは活性化酸素を大量に発生させる原因です。

なので、日頃からストレスを溜めないこと。

長生きの基本は「昔から言われ続けていること」を生活習慣に取り入れることです。


<スポンサードリンク>




長生き脳に変えるための生活習慣

感情を押し込むことが美徳とされていますが、これがストレスの原因となり長生きできない原因だとしたら・・・。

ある研究結果で、「我慢すること、つまり感情を抑制する人は病気になりやすい」ことが判明しました。

不安感や怒りなどの感情を発散しないでいると、脈拍が上昇します。

この積み重ねが、高血圧になり、ガンや心臓病、腎臓病などのリスクが高まるのだというのです。

ネガティブな感情は、時としてウツ病にするほどの威力をもっていることから、病気になる原因でもあることがわかっています。

しかし、ネガティブな感情が悪いわけではありません。

ネガティブな感情を無理に抑え込もうとしたり、考えないようにしようとすると、逆に体に悪影響があるのです。

『感情をコントロールしろ!』と言われていますが、本当に感情はコントロールできるのでしょうか?

それは「ノー」だと思います。

例えば、泣きたほど悲しいことがあったとき、「泣くな!」と言われたらあなたの感情はどんな反応をするか?

多くの人は、泣くのをグッと我慢するでしょう。

しかし、泣くことを我慢したことで、心が苦しくなった経験ありませんか?

これは、泣くことを我慢させられたことで悲しい感情を全て発散しきれていないから後々にまで尾を引いしまうのです。

なので、泣きたいのなら気が済むまで『涙枯れるまで泣く』ことが大切です。

つまり、健康で長生きするためには「笑い」「喜び」「泣く」「怒る」感情を素直に表現することなのです。

ま と め

健康に長生きしたくない人はいないと思います。

しかし、生活習慣によって病気になることは医学でも証明されているほど「環境」はとても大事です。

住んでいる環境も仕事の環境、人間関係の環境、そして食生活も・・・。

これらを一度真剣に見直すことができれば、健康で生き生きと長生きできると思います。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

少しでもあなたの健康に長生きするための役にたてば嬉しいです。


<スポンサードリンク>




Pocket

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ