紅白歌合戦で和田アキ子は落選SMAPは?そして宇多田ヒカルは出場するのか世代交代劇

Pocket

大晦日恒例の紅白歌合戦に出場する歌手が24日、NHKから正式発表された。

今年の話題は「宇多田ヒカル」の初出場なるか?

「和田アキ子」が落選なるのか、解散ゴタゴタがあったSMAPは?

新旧交代は何も「紅白歌合戦」だけの問題ではありません。


<スポンサードリンク>




若者が活躍できる場所へ

2016年『第67回NHK紅白歌合戦』出場歌手が発表された。

【紅組】(順不同)

・ 市川由紀乃(初)

・ 宇多田ヒカル(初)

・ 大竹しのぶ(初)

・ 欅坂46(初)

・ PUFFY(初)

・ AI(2)

・ 絢香(8)

・ E-girls(4)

・ いきものがかり(9)

・ 石川さゆり(39)

・ AKB48(9)

・ 香西かおり(19)

・ 坂本冬美(28)

・ 椎名林檎(4)

・ 島津亜矢(3)

・ 高橋真梨子(4)

・ 天童よしみ(21)

・ 西野カナ(7)

・ 乃木坂46(2)

・ Perfume(9)

・ 松田聖子(20)

・ 水森かおり(14)

・ miwa(4)

【白組】(順不同)

・ 桐谷健太(初)

・ KinKi Kids(初)

・ RADWIMPS(初)

・ RADIO FISH(初)

・ THE YELLOW MONKEY(初)

・ 嵐(8)

・ 五木ひろし(46)

・ X JAPAN(7)

・ 関ジャニ∞(5)

・ 郷ひろみ(29)

・ 三代目 J Soul Brothers(5)

・ SEKAI NO OWARI(3)

・ Sexy Zone(4)

・ TOKIO(23)

・ AAA(7)

・ 氷川きよし(17)

・ V6(3)

・ 福田こうへい(3)

・ 福山雅治(9)

・ 星野源(2)

・ 三山ひろし(2)

・ 山内惠介(2)

・ ゆず(7)

この中に「和田アキ子」と「SMAP」の名前がなくなっていた・・・。

SMAPは、解散のゴタゴタが影響していると思われるのだが、

これまで39回の出場の大御所・和田アキ子の落選の意味がよくわからない。

今年活躍した歌手だけが出場できるのなら、それなりにわかるのだが、

今回出場している歌手の中には???の人もいるように思われる。

NHKとしたら「世代交代」がキーワードだと言っているけど、

真相は闇の中。。。

どんな業種にも、年配者が牛耳っていて若者が活躍できる場所が少ない

と、言う世論を幾度も聞いたことがあります。


<スポンサードリンク>




老害がもたらす危険性

老害とは、すでに現役で活躍するほど期待をされていないのにも関わらず、

権力と地位だけで圧力をかけ若者が活躍できる場所を提供できないこと。

だと、私は思うのです。

時代は進歩しています。それもものすごいスピードで進化し続けています。

そのスピードについていけなくなった時点で、それは引退すべきだと。

歌手に限ったことではなく、スポーツしかり、経営しかり、

どんなに優秀な人でも必ず歳をとります。

老害で一番厄介なのが

『古い価値観に執着し、新しい価値観を認めない』

例えば、

結婚して女は家庭にいることが当たり前、だとか・・・。

いまや夫婦共稼ぎが多くなっているのにです。

これでは、人類の進化の妨げになってしまいます。

確かに古くてもいいものは沢山あります。

ここまで日本を経済大国になったのも、ガムシャラに突き進んできた人がいたからです。

でも、感謝と老害は違うと思うのです。

今回の紅白歌合戦で大物SMAPが出ないのは寂しい限りです。

和田アキ子が落選したのはわかりませんが、

次の時代を担う若者を育てなければいけない時期に来ているのではないでしょうか?

ま と め

今後高齢化が進むにつれ、「世代交代」は急速におこります。

紅白にもその波が確実に来ていると言うことです。

世代交代の波は、3年前には北島三郎、昨年は森進一が紅白から去っている。

出場人数が決まっているから、世代交代をしなければ若い歌手が活躍する場がなくなってしまう。

なんとなく寂しい話ですが、紅白をこれからも末長く続けていくためには

仕方のないことではないでしょうか。


<スポンサードリンク>




Pocket

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ