キャベツの栄養素の特徴と効果・効能、そしてキャベジン成分の秘密に迫る

Pocket

キャベツはとんかつの付け合わせだけだと思っていたら、それは大間違いです。

実は、キャベツの栄養素が医薬品の商品名になっている成分が入っているのです。

しかし、ほとんどの人は、ロールキャベツや付け合わせのキャベツを思い出すだけですよね。

この記事を読んだらきっと、今日から毎日キャベツを食べたくなってしまうはずです。

それだけ健康維持に必要な栄養成分が豊富に入っていて手軽に食べられる野菜がキャベツなのです。

では、その秘密を見るとしましようか!


<スポンサードリンク>




キャベツの栄養素の特徴

スーパーで並んでいるキャベツには、実にたくさんの品種があるの知っていましたか?

『キャベツの種類(代表的なもの)』

1:寒玉(冬キャベツ)

夏に種を蒔き冬に収穫することから、「冬キャベツ」とも呼ばれています。

形が扁平で色が薄く、巻きがしっかりしているのでロールキャベツで食べると良いです。

もっとも多く市場に出ている品種なので、あなたも見たことがあると思います。

2:春玉(春キャベツ)

秋に種を蒔き春に収穫することから、「新キャベツ」とも呼ばれています。

葉が柔らかく色が濃いので、そのまま生食で食べます。

3:高原キャベツ(夏キャベツ)

主に長野県や群馬県など、高原で栽培されているキャベツを「高原キャベツ」と呼びます。

4:丸玉(グリーンボール)

グリーンボールと言われる通り、球体をしていて、綺麗な緑色をしています。

普通のキャベツよりも栄養素は多く含まれています。

『栄養成分・キャベツ,結球葉 100 g あたり』

・ カロリー・・・・・・・22 kcal

・ 脂質・・・・・・・・・0.2 g

・ ナトリウム・・・・・・・5 mg

・ カリウム・・・・・・・200 mg

・ 炭水化物・・・・・・・・5 g

・ 水溶性食物繊維・・・・0.4 g

・ 不溶性食物繊維・・・・1.4 g

・ タンパク質・・・・・・1.3 g

・ ビタミンC・・・・・・・41 mg

・ カルシウム・・・・・・・43 mg

・ 鉄・・・・・・・・・・0.3 mg

・ ビタミンB6・・・・・・0.1 mg

・ マグネシウム・・・・・・14 mg

このように沢山品種改良をしているので多くの品種があり、特にビタミンCやビタミンUを豊富に含んでいます。

キャベツの栄養素「キャベジン」の効果・効能 

キャベツの汁の中のから医薬品が見つかる?

あなたも1度が聞いたことがある「キャベジン」はキャベツの汁から見つかった抗潰瘍成分です。

「キャベジン」自体は医薬品の名前ですが、正式名称は「MMSC(メチルメチオニンスルホニウムクロリド)」でビタミンUとも呼ばれています。

キャベツに豊富に含んでいる「ビタミンU」は、傷ついた胃腸の粘膜修復や胃酸の分泌を抑える働きがあります。

また、キャベツには、免疫力を高める効果も期待できます。

なぜなら、キャベツの成分が白血球の働きを活発にするため免疫力が高まるのです。

免疫力が高まることでガンの進行を抑える効果やガン予防に効果があると言われています。

他には、抗酸化力は強力です。

抗酸化とは、体を錆びから守る力のことです。

活性酸素は、血管や細胞を傷つけ老化を早くしてしまいます。

酸化が進むと、動脈硬化になりやがては心筋梗塞や脳梗塞になってしまいます。

これらの予防に「活性酸素を抑える働き=抗酸化作用」が期待できるのがキャベツと言うことです。


<スポンサードリンク>




キャベツの栄養素の効果・効能と特徴

キャベツには、免疫力アップや美容、疲労回復効果などの特徴があります。

具体的には、

『整腸作用』

キャベツに含まれるキャベジン(ビタミンU)が胃潰瘍や十二指腸潰傷を予防する効果があります。

「ビタミンUの効果・効能」

・ 荒れた胃の修復

・ 胃潰瘍・十二指腸潰瘍の予防

・ 二日酔い防止・予防

特に冷蔵庫で保存するとビタミンUが増えると言われています。

『免疫力のアップ=抗酸化作用』

免疫力がアップすることでアレルギー症状を緩和する効果が期待できます。

アレルギー症状とは、ある物質から体を守るために起こる免疫反応です。

キャベジンにはアレルギー反応を起こす物質を抑える働きがあり、アレルギー症状を低減する効果があると言われています。

『解毒力アップ』

キャベツ独特のピリッとした辛味成分が体の解毒作用を高める効果があると言われています。

『ビタミンC』

ビタミンCの目標摂取量は1日50mgと言われています。

キャベツには100g中41mgのビタミンCが含まれています。

外側の緑の葉たった1枚でなんと!「1日分のビタミンCの82%」を摂取することができるのです。

「ビタミンCの効果・効能」

・ 肌荒れ防止・改善効果

・ アンチエイジング効果

・ 疲労回復効果

・ ストレスに対抗できる

ま と め

とんかつの付け合わせのキャベツは単なる植物繊維を取ることだけかと思っていました。

しかし、キャベツのことを知れば知るほど健康維持や胃腸に優しい野菜だったと思い知らされました。

これからは、キャベツを毎日食べて、生活習慣病予防に努めたいものです。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

少しでもあなたの健康維持に役にたてば嬉しいです。


<スポンサードリンク>




Pocket

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ