お彼岸とお盆の違いは?中日におはぎを食べる意味とは?

Pocket

日本では古くから、春のお彼岸、秋のお彼岸の風習があります。

また、お盆という先祖の霊を供養する風習もあります。

しかし、お彼岸とお盆の意味がわかりにくいですよね。

そして、お彼岸やお盆にお供えするおはぎも地域によってはぼたもちと言われ

ますます混乱を極めます。

そこで、お彼岸とお盆、そしておはぎとぼたもちの違いを徹底検証してみました。


<スポンサードリンク>




お彼岸の中日の意味とは?

彼岸(ひがん)は、日本で誕生した日本独特の仏教行事で、仏教ではあの世のことを「彼岸」と呼び、この世を「此岸」と呼びます。

彼岸は彼岸会(ひがんえ)とも言われ、「春分の日」「秋分の日」を中心に前後3日、中日を合わせて7日間がお彼岸の期間となります。

一般的に「彼岸」は春の彼岸を指し、「秋彼岸」は秋の彼岸を指します。

また、現在行われている彼岸は浄土思想からきているものと言われ、彼岸は西方にあると信じられています。

お彼岸に時期は特に太陽が真東から登り、真西に沈むその日を先祖供養の日、つまりお彼岸の始まりと言われています。

お彼岸に入る日のことを「彼岸入り」と呼び、春分・秋分の日を「中日」呼びます。

そして、7日目の最終日は「彼岸の明け」と呼びます。

お彼岸の時期、お寺では彼岸会(ひがんえ)が7日間行われ、家庭でも先祖の霊を供養するためのお供えを、仏壇やお墓参りをします。

お彼岸は、二十四節気の春分・秋分にもとづくため、新暦では毎年ほぼ同じ日付になり、旧暦では毎年日付がかわります。

お彼岸とお盆の違いとは何に?

お盆は本来「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と呼び、旧暦の7月15日を中心に行われる先祖供養の儀式です。

お盆(おぼん)は、年に2度、初春と初秋の満月の日にあの世から祖先の霊が子孫のもとを訪れ、また天に帰っていく
ことから、お盆にはお墓前りをし先祖供養をします。

また、人が亡くなった日から数え、最初のお盆を「初盆(はつぼん、ういぼん)」または「新盆(しんぼん、にいぼん、あらぼん)」と呼び、厚く供養します。

お盆の送り方は、盆菓子を仏壇や墓にお供えし、僧侶に読経をしてもらう宗派もあります。

一般的に8月13日から16日までを「盆」といい、その期間祖先の霊を迎える準備をします。

「一例」(地域などによって異なります)

8月13日:夜に迎え火をし祖霊のお迎えの準備をします。

8月14日:仏壇にお供え物をし先祖の霊の供養をします。

8月15日:仏壇にお供え物をし先祖の霊の供養をします。

8月16日:送り火をし精霊を送り出します。

つまり、お盆は、先祖や亡くなった人たちの霊(精霊・しょうりょう)を迎えるために行います。


<スポンサードリンク>




お彼岸におはぎを食べる意味とは?

春のお彼岸やお盆、秋のお彼岸に「おはぎ」や「ぼたもち」をお供えするのはなぜか?

中国、朝鮮では小豆の赤色に魔除けの神秘的な力があると信じられています。

これが日本に伝わり、はぎやぼたもちは小豆が使われていることから、昔から魔除けの効果があるとされてきました。

「ぼたもち(ぼた餅)」

春の彼岸には、季節の花である牡丹が由来になった「ぼたもち」をお供えします。

また、ぼたもちは、蒸した餅米をつき上げて(餅にして)あんこは「こし餡」が使われます。

「おはぎ」

秋の彼岸・お盆には、萩の花の咲き乱れているところから、「萩の餅=おはぎ」をお供えします。

また、おはぎは、蒸した餅米の粒が残る程度にこね、あんこは「つぶし餡」が使われます。

お彼岸やお盆に、なぜ?「ぼたもち」や「おはぎ」を食べるのか?

その昔、甘いものは贅沢品だったので、それが食べれるのはご先祖様のおかげだと言われ、それが習慣にとなって広まったと言われています。

ま と め

お彼岸とお盆の違いは、ご先祖様を供養する期間=お彼岸、そして霊がこの世に帰っている時期=お盆です。

時期もお彼岸は、春分の日と秋分の日を中日とし、その前後の3日間の7日間になります。

お盆の時期は、地域によって異なりますが、7月13日~16日か8月13日~16日になります。

つまり、「お盆」は、霊を迎え、供養し、ふたたび送り出す。

「お彼岸」は、人が仏教の行を修めて、人が彼岸へ近づくことの違いになります。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

少しでもあなたの健康維持に役にたてば嬉しいです。


<スポンサードリンク>




Pocket

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ