除夜の鐘がうるさいとクレームや苦情で中止するお寺が、大晦日に打つ本当の意味

Pocket

「除夜の鐘」は大晦日の夜に鐘を108つき新しい年を迎えます。

しかし、除夜の鐘の音がうるさいとクレームや苦情をお寺に言う人がいることで

お寺では除夜の鐘をつくのをやめたところも出ています。

除夜の鐘は日本人の心だと思っていましたが、それさえも承諾できないほど

日本人の心は病んでしまっているのか?

除夜の鐘の本当の意味を知ってくれればいいのですが・・・。


<スポンサードリンク>




除夜の鐘は『反省し希望をもらう』

大晦日に除夜の鐘をつくのは、旧年を反省し、新しい年に希望を持つ

そんな意味があります。

それにやみくもに鐘を乱打しているわけではなく、

108回打つと煩悩(ぼんのう)を取り除くことができる

寺院によって打ちかたは違いますが、清らかな心で新年を迎える。

それをウルサイとクレームや苦情を言うほど余裕がなくなってしまったのですかね。

『煩悩(ぼんのう)とは』

人間には108つの煩悩があるといわれています。

・ 六根・・・眼・耳・鼻・舌・身・意・・6個

・ 好・悪・平の三種・・・3個

小計・・・18個

・ 六塵・・・色・声・香・味・触・法・・6個

・ 苦・楽・捨の三種・・・3個

小計・・・18個

これらを合わせた36個に

・ 三世・・・過去・現在・未来

をかけた108こが煩悩だと

出典:浄土宗より

つまり、除夜の鐘を聞くことで過去の1年間に懺悔をするとともに

新しい年には、清らかな心になる、と言うことです。


<スポンサードリンク>




お寺には宗派が決まっている

日本にある代表的な13宗派です

「奈良仏教系」

・ 法相宗

・ 律 宗

・ 華厳宗

「密教系」

・ 真言宗・・・空海/弘法大師

「密教&法華系」

・ 天台宗・・・最澄/伝教大師 

「法華系」

・ 日蓮宗・・・日蓮/立正大師

「浄土系」

・ 浄土宗・・・源空/円光大師

・ 浄土真宗・・親鸞/見真大師

・ 融通念仏宗・良忍/聖應大師

・ 時 宗・・・智真/証誠大師

「禅 系」

・ 臨済宗・・・栄西/千光法師

・ 曹洞宗・・・道元/承陽大師

・ 黄檗宗・・・隠元/真空大師 

先祖代々からのお寺があるのに、初詣だけ違うお寺や神社に行ってしまう。

これは私もありますが、本当のところはどうなのか?心配になりますね。

これは全く問題はありません。(キッパリ)

知り合いのお坊さんに直接聞いたので大丈夫です。

宗派は色々あっても仏教の始まりは、御釈迦さまになるのですから。


<スポンサードリンク>




Pocket

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ