ピコ太郎のギネス認定の理由は1つ!YouTube動画で莫大な収入を得る

Pocket

ピコ太郎が歌う、「ペンパイナッポーアッポーペン動画」が2016年11月1日現在で約7400万再生を記録している。

世界中の人々を巻き込んだ、一番短い曲としてギネス認定を取ったことも話題になっている。

YouTube動画は、再生回数で広告収入が入る仕組みになっている。

では、ピコ太郎は現時点でどれほど稼いでいるのか?検証してみることにした。


<スポンサードリンク>




YouTube動画は不労所得

一度、動画を作ってしまえば後は、自動的に収入が発生するのがYouTube広告の特徴です。

ほとんど、オートマチック的に収入が入ることから、最近ではサラリーマンや主婦でも

動画を作る人が多くなっています。

実際にどれほどの広告費が払われるのか?

ここ2ヶ月で驚異的な再生回数は、約7400万再生になっています。

YouTube広告の単価は、詳しく公開されていませんが2か月間で2900万円

2016年11月1日現在で3700万円を稼いだことになります。

これは、広告単価0.5円で計算した場合です。

しかし、現在の広告単価はこれより低くなっていると言われていますので、

・ 0.1円の場合だと・・・740万円

・ 0.05円の場合だと・・370万円

・ 0.025円の場合だと・・185万円

「なんだ!これしか稼げないのか〜」と思っていませんか?

最低の185万円でも、2ヶ月間で稼いだ金額で月収にしたら92万円ですよ。

有名ミュージシャンや有名芸能人と比べたら劣るかもしれませんが・・・。


<スポンサードリンク>




ピコ太郎がタモリの「M・ステ」に登場

YouTube動画が起爆剤となり、最近では「タモリのMステ」に出演することができた。

つまり、YouTube動画で稼ぐことが目的ではない、ということです。

例えば、ミュージシャンがYouTubeでPV(プロモーション・ビデオ)を公開するのは

自分自身のプロモーションのためです。

動画をきっかけに、「コンサート」や「DVD」「CD」の販売に繋げることができるから

こぞってYouTube動画をアップします。

YouTubeの広告費は、それから考えると微々たる収入だということです。

あなたにもチャンスがある!

今までアンダーグラウンドの「ピコ太郎」もこの動画で一気に有名になりました。

これも、YouTube動画のおかげです。

やり方次第では、あなたにもチャンスがある、ということです。

サラリーマンで残業代が出ない、主婦でも自宅で稼げる、

ピコ太郎がその可能性を見出したということです。


<スポンサードリンク>




Pocket

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ