プレミアムフライデーで得する人・損する人、そしていつから始まるのか?

Pocket

金曜日は仕事を早く切り上げて、遊びまくるぞ!

昔あった花金を連想するのは私だけ?

平成29年2月24日から始まる「プレミアムフライデー」がかなり話題になっています。

プレミアムフライデーを考えたのは、政府と経団連です。

その根っこにあるのは「消費を増やせ」です。

本当に消費拡大に効果があるのか?

公務員などは得するだろうけど、絶対に泣く人も増えるだろう。

なぜなら・・・、詳しく解説してみた。


<スポンサードリンク>




プレミアムフライデーの実施開始時期

プレミアムフライデーとは、簡単に説明すると、

『毎月最終金曜日の午後3時をめどに仕事を切り上げさせ消費させよう』

個人が幸せや楽しさを感じられる体験(買物や家族との外食、観光等)や、
そのための時間の創出を促すことで、

(1) 充実感・満足感を実感できる生活スタイルの変革への機会になる
(2) 地域等のコミュニティ機能強化や一体感の醸成につながる
(3)(単なる安売りではなく)デフレ的傾向を変えていくきっかけとなる
といった効果につなげていく取組です。

(経済産業省HPより)

こちらが「ロゴ・マーク」

20161212001-a

・ 実施時期・・・平成29年2月24日(金曜日)開始

基本的、「月末」の「金曜日」

・ 対象地域・業種

全国各地で、業種にとらわれずに実施

プレミアムフライデーは誰にとってメリットがあるか?

を考えれば、この政策の意味がわかるような気がする。

月末・金曜日といえば、多くの企業は一番忙しい時期ですよね!

残業しなくちゃ終わらない曜日だと思うのです。

そんな時期に3時に退社できる企業といえば・・・。

その答えは最後にしますが、

その影で泣く人たちが大勢出ることはわかりきったこと。

特に「サービス業」「運送業」の人たちは、休めるはずもなく

今まで以上に労働時間が長くなってしまうでしょう。

なぜなら、自宅でのんびりネットで買い物が増えると予想される。

マイナビニュースにど真ん中のグラフをみつけました」

プレミアムフライデー

プレミアムフライデーで一番やりたいこと

・ 早く家に帰れる・・・・50.4%

日頃どれだけ残業続きなのか?わかりますよ。

・ ストレス解消(発散)・・38.0%

どれだけの人が疲れているのか。

このアンケート結果を見る限り、どこかに行く、ではなく

のんびり家族や友人・恋人と自宅で過ごすと

忙しくなるのが、宅配業(ピザ・お寿司)運送業ですね。

ここで働いている人はプレミアムフライデーの恩恵は受けない。

つまり、一部の人だけが得をする政策なのだ。


<スポンサードリンク>




国の政策の裏をみる

東京・豊洲新市場は汚染水やら、ゴタゴタして未だに解決できていませんね。

豊洲新市場をめぐる問題は汚染水だけにとどまらず、賄賂やら胡散臭さが気になります。

このような政策がでた時は必ず考えることが「誰が儲かるのか?」

ここではそれについて深く掘り下げはしませんが、

プレミアムフライデーで一番儲かる人は?を考えると面白いですよ。

『推進協議会名簿』を見ると一目でわかる

・ 百貨店

・ 旅行業

・ アパレル系

と国が連携して取り組んでいます。

つまり、売上が下がっている業界が国に泣きついた構図が垣間見れます。

国が内需拡大、労働時間の短縮を率先することが

逆に従業員を苦しめることになるのをいい加減に知ってほしい。

プレミアムフライデーで一番得をする人

はっきり名指しで言っています。

公務員、大企業、その他カレンダー通りの

休みをとれる人たちが対象です。

そして、

派遣、パート、アルバイト、業務委託など

非正規労働者の場合は労働時間の減少分が

そのまま収入源につながるため

例外になってしまいます。

全労働者人口のうち約4割が非正規雇用です。

これでは不公平感が出てしまうこと必須

仮に月末金曜日に3時に帰宅する為に

木曜日に深夜まで残業してのでは同じこと。

それに、3時以降残業することになれば会社によっては

残業代を出さなくて済むから、経費削減につながるかも。

ますます、サラリーマンは社畜化されていくように感じ

とっても危険な香りがする。

ま と め

プレミアムフライデーなんか作るよりもっといい方法が

「正社員化」

これをすれば約4割が非正規雇用者が減り

安心して暮らせることになる。

次に

「有給休暇」

を必ず取らせること

この2点ができれば、あえてプレミアムフライデーは要らない!

しかし、現状は・・・。

『有給実施は48%』

有給

休みたくても休めない、日本人の美徳が災いしている(T . T)

有給ためらう


<スポンサードリンク>




Pocket

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ