レイア姫役で出演キャリー・フィッシャーさんが心臓発作で死去、『スターウォーズフォースの覚醒』が最後の作品に

Pocket

スターウォーズエピソード4〜6に「レイア姫」役として出演していた

女優キャリー・フィッシャーさんが2016年12月23日に心臓発作が原因で

救急搬送された病院先で死去しました。

年齢は60歳でした。

改めてご冥福をお祈りいたします。


<スポンサードリンク>




スターウォーズと言えば・・・

『A long time ago,in a galaxy far,far away….』

日本語にすると

『遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。』

で、始まる世界的に有名なSFファンタジーアクション映画ですね。

初回公開後、オリジナルサントラ盤(レコード)を買ったことを

今でも記憶に残っています。

そして、唯一のヒロインとして登場していたのが、

「レイア・オーガナ(Leia Organa)」通称『レイア姫』です。

カタツムリを付けたような髪に白い服を着ていたのが、

とっても可愛く見えたのを懐かしく思い出します。

「レイア姫役」の女優キャリー・フィッシャーさんが乗ったロサンゼルス行きの飛行機内で

心臓発作を起こし、到着した空港から病院に緊急入院していました。

その後、一命は取り留め安定していたところ、

2016年12月27日に急変し死去したと報道されています。

『スターウォーズ映画に出演していた作品』

・ 新たなる希望

・ 帝国の逆襲

・ ジェダイの帰還

・ フォースの覚醒

レイア姫とルークは双子だった?のか

スターウォーズシリーズは

『エピソード4/新たなる希望 (1977)』から始まり、続編は過去に戻っていく。

『エピソード5/帝国の逆襲 (1980)』が二作目になり

『エピソード6/ジェダイの帰還(1983)』が三作目となる。

三作目までは、ワクワクして次はどうなるのか?と観ていましたが、

突如、

『エピソード1/ファントム・メナス(1999)』

『エピソード2/クローンの攻撃(2002)』

『エピソード3/シスの復讐(2005)』

と、出生の秘密やお父さんがなぜ「ジェダイ」になり

彼自身がフォースの暗黒面に墜ちてシスの暗黒卿ダース・ベイダーになったのか

が、興味深く描かれています。

特に、レイア姫に恋心を持っていた、ルークは双子の妹だった、

と判明したシーンは、何度みても胸がジーンときます。


<スポンサードリンク>




スターウォーズ以外に意外な映画にも出演

女優キャリー・フィッシャーの代表作はスターウォーズ「レイア姫」ですが、

意外なところでは、「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」にも

出演していたのを知っていましたか?

『地上最強の美女たち! チャーリーズ・エンジェル』が帰ってきた。

(帰ってきたウルトラ・マンみたいだが・・・)

その続編で「シスター役」として出演しています。

主演は「キャメロン・ディアス」「ドリュー・バリモア」「ルーシー・リュー」でした。

この映画も観ていてコメディタッチでもあり、

女スパイとしての任務を遂行しているシーンなどは迫力もあり。

わたし自身も好きな作品の1つでもあります。

スターウォーズ歴代キャラクターを見たいなら

『レイア姫』

プリンセスレイア

『ヨーダ』

ヨーダ

『オビ=ワン・ケノービ』

オビワン

スターウォーズ公式ホームページに詳しく載っていますので

今すぐチエック! ここから

すべての画像も公式ホームページからお借りしました


<スポンサードリンク>




Pocket

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ