酢の成分が飲むタイミングで効果に違いがある理由とは

Pocket

酢を飲むと身体が柔らかくなる?と言われていますが、実はサーカス団が疲れを取るため、

酢を飲んでいたのが由来と言われています。

しかし、料理で使う酢以外にも、果樹から作られた飲む酢は

健康に効果があると言われています。

では、酢の効果・効能、成分や種類をじっくり見ていくとしましょうか。


<スポンサードリンク>




酢に健康効果がある成分と種類

酢の主成分は「酸っぱい」と感じる酢酸ですが、他には「クエン酸」「リンゴ酸」「コハク酸」が含まれています。

また、60種類以上のアミノ酸も豊富に含んでいるため、疲労回復に良いと言わます。

ストレスや過激な運動をした後には、疲労物質の「乳酸」が蓄積されることで筋肉・脳内疲労を起こします。

そこでクエン酸が豊富な「酢」を飲むことで新陳代謝が活発になり疲労や体調不良を改善します。

『酢の種類』

酢は大き分けると2種類あり、それぞれの酢の規格は「農林水産省のJAS法」で決められている。

「醸造酢」

醸造酢は一般に出回っている食酢です。

その原材料は、

・ 米

・ 麦

・ コーン

===ここまでを穀物酢===

・ 果実(りんご酢・ブドウ酢・その他は果実酢)

・ 野菜

・ さとうきび

・ はちみつ

「合成酢」

合成酢は、現在では一般には出回ってはいませんが、醸造酢か合成酢かの判断は、商品ラベルで確認ができます。

合成酢は氷酢酸や酢酸を水で薄め、砂糖や酸味料、うま味調味料などを加えて作られたものです。

健康効果が期待できるのは、天然材料を使った醸造酢です。

酢の驚くべき健康効果とは?

酢が持つ栄養成分には驚くべき健康効果が期待できる。

『疲労回復効果』

酢の主成分の酢酸やクエン酸が、新陳代謝をあげることで乳酸が分解され疲労回復効果が期待できます。

夏の暑い日に「酢」を飲む、「酢」の料理を食べると疲れが吹っ飛ぶ経験をしたことがあると思います。

これがクエン酸の効果です。

他には、血液中にある乳酸の上昇を抑える効果があるので疲れが溜まりにくい体質になることにも繋がります。

『血流の改善効果』

酢に含まれるアミノ酸やクエン酸などの有機酸が血液をサラサラにします。

その結果、血圧を正常にする効果やコレステロール値を下げる効果が期待できます。

『食欲が増す』

夏バテで食欲がない時、「酢」を使った料理は消化・吸収を助けるので食欲増進が期待できます。

『美肌効果』

酢にはビタミンCの安定吸収する作用があります。

ビタミンCは、活性酸素を除去する効果があるので美肌・お肌の健康を保つ効果があります。

『骨粗しょう症予防や骨の健康維持効果』

酢には、他の栄養素の吸収率をあげるため相乗効果が期待できます。

例えば、酢のクエン酸は、カルシウムを吸収されやすくしてくれるので、骨の健康効果や骨粗しょう症予防に繋がります。

他には、マグネシウムの吸収も助けるのでボケ防止にも役立つと言われています。


<スポンサードリンク>




酢の効果的な飲み方と絶対にやってはいけないこと

酢を飲む時はタイプによっては、薄めて飲むようにしてください。

りんご酢やブドウ酢などの果実酢ストレートはそのままの状態で飲むことができますがそれでも濃い場合は3〜5倍に薄めて飲むようにしてください。

また、穀物酢のように料理に使うような濃いものは、原液のまま飲むと強い酸性の影響で口の中や内蔵が荒れてしまい、

胸焼けを起こす可能性もあるので注意が必要です。

『基本的な1日の量』

酢を飲む時の量は、1日大さじ1杯(15cc)〜2杯(30cc)を目安で薄めて飲むようにします。

黒酢の場合、原液のままでは刺激がかなり強いので、喉や消化器官を傷める可能性があります。

なので、10倍程度〜お好みで薄めて飲むことをおすすめします。

また、黒酢は身体を冷やしますので、冷え性の人は飲むすぎに注意してください。

『食後に飲むこと』

空きっ腹に酸性が強い「酢」を飲むことで胃を荒らす原因になるので、飲む場合は食後がおすすめです。

※ 酢を飲む時は、ラベルや説明書に書いてあることに注意し薄めて飲むことをおすすめします。

『寝る前はNG』

寝る前に酢を飲むことで歯を溶かす原因にもなります。

酢を飲んで寝ると、寝ている間に歯が溶けてしまう酸蝕歯(さんしょくし)のリスクが高まるのでNGです。

これは、歯のエナメル質に酸が長時間付着してしまうのでジワジワと酸蝕歯になると言われています。

ま と め

酢を飲むと元気になったり、お肌が綺麗になる効果があります。

だからと言って、1日に大量の酢を飲むことは逆に不健康(病気)になってしまいます。

つまり、適度な量を1週間という期間で考え飲むことが健康の早道なのです。

どんなに健康やダイエットに良いものでも、それだけを食べたり、飲んだりしていたのでは逆効果しかないということです。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

少しでもあなたの健康維持に役にたてば嬉しいです。


<スポンサードリンク>




Pocket

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ