リオ五輪内村航平が個人総合2連覇があなたの心に一番残ったシーンですか

Pocket

リオ五輪は、2016年8月5日~8月21日の17日間行われました。

その間、日本人アスリートの目覚しい活躍で日本中を熱気の渦に巻き込みました。

そこで、リオ五輪であなたが一番心に残ったシーンを振り返ってみたいと思います。


<スポンサードリンク>




リオ五輪内村航平が個人総合で2連覇

内村航平選手と言えば、「体操競技」です。

『内村航平選手プロフィール・選手記録』

過去オリンピックに出場し、個人総合2連覇を果たしています。

「オリンピック成績」

・ 金・・・2012 ロンドン大会・・・個人総合

・ 金・・・2016 リオデジャネイロ・・・個人総合

・ 金・・・2016 リオデジャネイロ・・・団体総合

・ 銀・・・2008 北京大会・・・・・・・個人総合

・ 銀・・・2008 北京大会・・・・・・・団体総合

・ 銀・・・2012 ロンドン大会・・・・・団体総合

・ 銀・・・2012 ロンドン大会・・・・・ゆか

この他にも、世界体操競技選手権でも世界最多の6連覇を成し遂げているのはビックリ!です。

「プロフィール」

・ ニックネーム・・・こうへい

・ 身長・・・162cm

・ 体重・・・52kg

・ 血液型・・A型

・ 誕生日・・・1989年1月3日

・ 趣味/特技・・・ドライブ、買い物

・ 今一番欲しい物・・・マイホーム

・ 目標とする選手・・・藤巻駿

・ 体操をはじめたきっかけ・・・家が体操クラブだったので自然と始めた

・ 得意な種目・・・ゆか・平行棒


<スポンサードリンク>




内村航平選手が逆転、男子個人総合で44年ぶりの2連覇を達成

最終種目の鉄棒までトップだったオレグ・ベルニャエフ(ウクライナ)を0.099点で逆転し金メダル獲得。

試合後のコメント

「(最後の鉄棒は)着地は絶対に止めてやるという強い気持ちで、いつも通りを心がけた。

これだけいい演技で一番いい色のメダルが取れて、本当に一番幸せ者だと思う」

男子個人総合とは「6種類」の競技で争います。

1:床運動

新月面、3回ひねりで着地を決め「15.766点」

2:あん馬

ミスのない安定した演技で「14.900点」で最後はガッツポーズで決めた

3:つり輪

美しい動きの中にもちからわざも入れ、静止技でもしっかり止め、微動だにしない着地で「14.733点」

4:跳馬

リ・シャオペンをほぼ完璧に演技し高得点の「15.566点」

5:平行棒

モリスエなどノー・ミスだったが着地でバランスを崩し「15.600点」

ここまでで1位ベルニャエフとの差が0.901点に開いてしまう。

6:鉄棒

カッシーナ、コールマンなど次々に成功させ、着地は、「伸身新月面宙返り」で決め「15.800点」で逆転の金メダル


<スポンサードリンク>




Pocket

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ