鶏肉の健康効果が期待できるのは女性に人気のコラーゲンが豊富だから

Pocket

鶏肉はコラーゲンが豊富に入っていて美容と健康に効果があると言われています。

そして、鶏肉はヘルシーは食材と言われ、牛肉や豚肉より好まれる傾向が強い肉でもあります。

しかし、見方を変えると「カロリー」は牛肉に比べてもそれほど大きな差はありません。

では、鶏肉にはどのような健康効果が期待できるのか?

そしてダイエットに効果があると言われる理由はなぜなのか?

そこで、鶏肉に隠された健康効果が期待できるわけを一緒に見ていきましょう。

神秘的な鶏肉の秘密に迫る!


<スポンサードリンク>




鶏肉がヘルシーなのは栄養素のバランス

鶏肉は「ヘルシー」なので健康に良い、と言われます。

しかし、牛肉と栄養成分を比べ特段、ヘルシーではありません。

例えば、

コレステロールは、『牛肉・・・59mg』に対し『鶏肉・・・140mg』で断然鶏肉の方が多くなっています。

カロリーにしても、『牛肉・・・298kcal』に対し『鶏肉・・・229kcal』で牛肉に比べ

特別少ないわけではありません。

『鶏肉・・・栄養成分表 分量 100 g あたり』(若鶏肉,もも,皮つき,焼き)

・ カロリー    229 kcal
・ 脂質       13 g
・ 飽和脂肪酸    3.8 g
・ 多価不飽和脂肪酸 1.7 g
・ 一価不飽和脂肪酸 6 g
・ コレステロール  140 mg

『牛肉・・・栄養成分表 分量 100 g あたり』(輸入牛肉,サーロイン,脂身つき)

・ カロリー     298 kcal
・ 脂質       24 g
・ 飽和脂肪酸    11 g
・ 多価不飽和脂肪酸 0.4 g
・ 一価不飽和脂肪酸 9 g
・ コレステロール  59 mg

(Wikipediaより引用)

なぜ、鶏肉がヘルシー食品だと言われているのでしょうか?

鶏肉がヘルシーだといわれるのは、

・ 高タンパク質低脂肪

・ 肉部分含まれるコレステロール量を改善するナイアシンが豊富に含まれている

・ 必須アミノ酸のメチオニンを多く含む(肝機能を向上させ血中脂質の沈着を防ぐ)

・ 肝臓の余分な脂肪を包み込んで乳化し、脂肪肝を防ぐ

などの理由から鶏肉は「ヘルシー」と呼ばれる所以です。

特に女性に食べてもらいたい鶏肉の健康効果

鶏肉の健康効果』

・ 体を温め消化器の働きを良くする効果

・ 風邪やウィルス性の病気予防

 (コレステロール値が低下することで、細胞膜や血管が弱くなったり、免疫力の低下)

・ 肝腎の働きを良くする

『消化吸収のよい上質なタンパク源』

鶏肉のタンパク質は必須アミノ酸のメチオニンが含まれているため脂肪肝の予防に役たちます。

また、消化吸収も良く、「むね肉やささみ」は高タンパク質なため、コラーゲンを多く含んでいます。

『動脈硬化を防ぐリノール酸』

鶏肉の脂質には、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を減らす多価不飽和脂肪酸が多いので、高血圧や動脈硬化を予防する効果が期待できます。

『ビタミン、ミネラル類が豊富』

鶏肉には、ビタミン類やミネラル類が豊富に含まれ、ビタミンA(レチノール)は特に粘膜を強くする効果が期待できます。

また、ミネラルは、骨や体の調子を整えたりする働きがあります。

しかし、ミネラルは体内で作ることができないので、食べ物からとる必要があります。

『美容・健康に必要なコラーゲン』

コラーゲンには、肌の潤いや弾力を保つ美肌効果があります。

また、コラーゲンは目の水晶体や角膜にも多く含まれるため、白内障の予防、老眼予防にも役に立ちます。

『老けない身体をつくる、補腎益精(ほじんえきせい)効果』

肝臓や腎臓などの「腎」は生命エネルギーの源と言われています。

つまり、成長、発育、生殖機能、泌尿器、判断力・集中力などを司だるとても重要器官なのです。

腎の動きが悪くなると

・ 精力減退
・ 不妊症
・ 腰痛
・ 夜間頻尿、尿失禁
・ 息切れ
・ 月経量が少ない・遅れる


<スポンサードリンク>




鶏肉と牛肉・豚肉の健康効果比較

鶏肉はヘルシーのイメージが高く、豚肉や牛肉はダイエットには不向きで高タンパク質のイメージが強くあると思います。

しかし、コレステロール値は鶏肉が多くなっています。

そして、他の栄養素も意外に豊富に含まれているのです。

例えば、「牛・豚・鶏のレバー」には「鉄分」が多く含まれ、貧血の予防に効果が期待できます。

それに、野菜に含まれる「鉄分=非ヘム鉄」とは違い、肉類の「鉄分=ヘム鉄」は、鉄分の吸収率が野菜の5〜6
倍あるのです。

また、肉類の「鉄分=ヘム鉄」は鉄分の吸収量を調節するので、鉄分の過剰摂取の心配がありません。

他に、牛肉や豚肉の「赤身」は消化・吸収がいいので、ダイエット効果も期待できます。

つまり、鶏肉がヘルシーなのではなく、豚肉や牛肉も実はヘルシーな食品なのです。

野菜中心の食事をすることで、カロリー摂取量が不足し、体に必要な栄養素が足らなくなります。

その結果、身体を構成する筋肉や骨、脂肪などから重要な栄養素が排出され、病気になる確率が高くなります。

ま と め

元々、体温が低い人は鶏肉を食べることをおすすめします。

特に冷え性で困っている人は、良質なタンパク質が多く含んでいる鶏肉は良い食材です。

体温を上げる作用が鶏肉にはあるので、夏は身体を冷やす野菜と組み合わせて食べるのが良いでしょう。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

少しでもあなたの健康維持に役にたてば嬉しいです。


<スポンサードリンク>




Pocket

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ