月見に団子を食べる意味はいつからなのか?

Pocket

意外にしらない?十五夜お月見の由来とは。

月見といえばお団子ですよね。

でも、団子と月見が関係あるのか?と疑問に思ったことありませんか

月見団子を食べる意味やいつから始まったのか。

そして、思わず食べ過ぎしまう月見団子の気になるカロリーは。

古くからある習慣「月見に団子」の組み合わせは意外と古くからあるのです。

では、紐解いていくとしましょうか。


<スポンサードリンク>




月見に団子を食べる習慣はけっこう古くからある?

月見(つきみ)には、満月を眺め団子を見て楽しむ昔から現代に伝わっている風習です。

日本では「十五夜お月さん」の呼び名で親しまれていますね。

十五夜は、旧暦での表し方で、年初から8番目の月と言う意味になり、秋分を含む新暦では8月下旬から10月上旬ごろを指します。

つまり、十五夜お月見ができるのが、9月の中頃ということになります。

十五夜と同じように「月見」をする意味で「中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)」とも呼ばれています。

中秋の名月とは、秋を『秋を初秋(旧暦7月)』『仲秋(同8月)』『晩秋(同9月)』のように3つに分けた時の

「中秋(仲秋)」に当たる「秋の中日」=旧暦8月15日だけを指します。

なので、お月見のメインは、旧暦の8月15日から16日の夜の月を楽しむことです。

だからと言って、旧暦の8月15日から16日の夜に必ず満月になるか?と素朴な疑問が湧いてきますよね。

そして、その日に必ず満月になるのか?は月のかけ方でみると大まかには13日から17日位になっています。

なので残念ながら、その時に満月になるようにはなっていません。

月見が始まったのはいつの時代から?

月見の歴史は古く、平安時代から行われていたといいます。

その頃の月見をする人は、貴族などが舟で歌と読み宴を催していたようです。

そもそも、月見の習慣は中国から由来するもので、現代ではススキと団子がセットとなり、お月見を楽しむようになりました。

また、野菜などの豊作を祝うという意味もあり、月見団子・里芋・枝豆・栗などお供えし、祝い酒を供えて月を眺める地域もあります。

今でこそ「ハロウィン」で有名になった「お菓子」などのプレゼントを子供達に上げる。

昔は月見のお供えものを子供達が家の人に見つからないように盗む(祝う)風習があったとか・・・。

『月が綺麗に見える有名な場所』

・ 松島(宮城県宮城郡松島町)

・ 九段坂(東京都千代田区)

・ 信州姨捨(長野県千曲市)

・ 伊賀上野城(三重県伊賀上野)

・ 玄宮園(滋賀県彦根市)

・ 大覚寺大沢池(京都府京都市)

・ 渡月橋(京都府京都市嵐山)

・ 三笠山(奈良県奈良市春日野)

・ 姫路城(兵庫県姫路市)

・ 岩国城と吉香公園(山口県岩国市)

・ 満願寺(島根県松江市)

・ 桂浜(高知県高知市)

「Wikipediaより」


<スポンサードリンク>




月見団子のカロリーが気になるから自分で作りたい

月見団子の材料は、上新粉です。

『上新粉・・・分量 100 g あたりカロリー (kcal) 362』

上新粉は、精白したうるち米を乾燥させた粉で、歯ごたえがあり、「柏餅」「草餅」「ういろう」などの和菓子に使われています。

よく勘違いしがちな、白玉粉、もち粉も米を原料にした米粉です。

うるち米かもち米の違いだけです。

『もち米・・・分量 100 g あたりカロリー (kcal) 97』

もち粉は上新粉とほぼ同じ過程で製造されますが、原材料はもち米です。

もち米のでんぷん質を中心に取り出したため、なめらかな食感が特徴的です。

主に、「白玉だんご」「大福餅」に使われています。

『白玉粉・・・分量 100 g あたりカロリー (kcal) 369』

白玉粉は、もち米を洗って水に浸し、水を加えながら挽(ひ)き、沈殿させたものを乾燥させてつくります。

もち粉は白玉粉と同じように使用できます。

白玉粉よりもきめが細かいので、「ぎゅうひ」などに使われています。

『上新粉でつくる月見団子』

【作り方】

材料・・・(約20個分)

・ 上新粉・・・200g
・ 砂糖・・・・20g

ステップ1:

耐熱のボウルに上新粉200g、砂糖20gを入れ、材料にぬるま湯(約50度200cc)を入れる。

ステップ2:

木べらなどを使い、滑らかになるまでよく混ぜる。

ステップ3:

粉ぽさが消えるまで混ぜたら、耳たぶのやわらかさになるまで良くこねる。

ステップ4:

こねた後、一口サイズに丸める。

ステップ5:

鍋に水を八分目ぐらい入れ、沸騰させる。

ステップ6:

沸騰したお湯に丸めた団子を入れ、3~4分茹でる。

ステップ7:

茹でる過程で、団子が浮いてきます。

浮いてきた団子からすくい、冷水に入れ冷やす。

だんごが浮いてきたら、順次すくい上げ冷水に入れ、よく冷やす。

『出来上がった月見団子の盛り方』

十五夜の団子の盛り方は、地域によって異なります。

一般的な月見団子の盛り方として、

・ 15個の月見団子を重ねるように盛る

「下段8個、中段4個、上段2個、最上段1個の4段重ね」

お供えが終わったら、家族で食べましょう。

また、固くなった月見団子は、フライパンなどで軽く焼くとやわらかくなります。

ま と め

お月見で団子を食べる。

日本に伝わる古くまらある習わしです。

家族と一緒に、豊作や健康を願い、食べ物に感謝して月見団子を食べる。

とても良い習慣だと思います。

忙しい現代社会で、そこだけタイムスリップした感覚を覚えることでしょう。

ストレス解消にもなるかもしれませんね!

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

少しでもあなたの健康維持に役にたてば嬉しいです。


<スポンサードリンク>




Pocket

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ