笑う効果にはストレス解消や美容、対人関係も改善しちゃう

Pocket

年齢と共に、「お腹の底から笑う」ことが少なってなっていませんか?

ストレスまみれで疲れ切った時、笑っている人がいるだけで元気になった経験があなたにもあるはずです。

笑うことは、実は心と身体にとても良い結果が出ることがわかっています。

そして、意外にも笑うことが美容に良いとも言われています。

なぜ?笑うだけで健康や美容に効果があるのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。


<スポンサードリンク>




笑うことが健康維持に役に立つ5つの効果

笑うことが身体にとってプラスの効果をもたらす

その1:脳が活性する

笑うことで脳波のアルファ波(α波)が増え、幸福を感じやすくなるベータエンドルフィンと言うホルモンが分泌されます。

・ ストレスを減少および解消する

・ 脳を活性化させ集中力や記憶力の向上

・ 免疫力のアップ、病気の予防

その2:血行が良くなる

笑うことで呼吸が深くなりその結果、血行が良くなります。

なぜなら、酸素量が多くなるため、新陳代謝が上がるからです。

・ 体内に蓄積した老廃物をだす

・ 血液の浄化、血行促進

・ リンパのよどみの解消

その3:自律神経のバランスを保つ

ストレスを受けると交感神経が優位な状態になり、常に緊張した状態が続きます。

しかし、笑うことで副交感神経が優位に働くようになります。

つまり、ストレスで傾きかけた自律神経が、笑うことでバランスがとれる言うことです。

・ 自律神経失調症

・ うつ病

・ 頭痛

など緩和や予防にも役立ちます。

その4:筋力アップ・ダイエット効果

笑うことは、腹筋や胸筋、背筋、顔にある表情筋などを動かすことになるので、カロリーを消費します。

また、笑うことで心拍数や血圧が上がり、その結果酸素の消費量も増え、体内脂肪が燃やされている状態になります。

笑っている時、汗が出るのは脂肪を燃やしているからです。

その5:幸せを感じる

笑うと脳内ホルモンであるエンドルフィンが分泌されます。

エンドルフィンにはアルファ(α)・ベータ(β)・ガンマ(γ)の3つあります。

その中でも「β-エンドルフィン」は幸福感をもたらすほか、モルヒネの数倍の鎮静作用で痛みを軽減する効果があると言われています。

笑うことが少なくなることで老化につながる

年齢とともに笑うことが少なったと感じませんか?

それは、ストレスや不安、心配を抱えているからかもしれません。

『興味深いデータ』

「声を出してよく笑う」の結果

・ 男性40%、女性60%

女性のほうがよく笑っています。

よく笑う世代別

・ 30代が65%、40代が50%、50代が45%

とある調査報告によると、小学生は1日に平均300回笑うが、70代では1日に2回程度しか笑わないと報告されています。

そして、男女ともにうつ症状になりやすいのは笑いの頻度が少ない、と言う結果が出ています。

また、男性では喫煙者は笑うことが少ないと言われています。

喫煙する目的はストレス解消が大きな要因だと言われています。

これらの調査結果から、最もストレスが多い年代が「笑うこと」が少なくなっています。

また、年代が上がるにつれ笑うことが少ないのは、脳の働きが関係しているのではないかと言われています。


<スポンサードリンク>




作り笑いでも効果がある3つのホルモン物質

笑うことで、脳内物質が分泌されストレス解消、やる気、心の平穏が保たれます。

「エンドルフィン」・・・快楽物質・脳内麻薬

エンドルフィンには、α(アルファ)、β(ベータ)、γ(ガンマ)の三種類があります。

エンドルフィンの1つのβエンドルフィンは、鎮痛・鎮静効果を持っています。

βエンドルフィンの効果はモルヒネの6.5倍と言われています。

人に強烈な多幸感を感じさせ 鎮痛作用をもたらすホルモンです。

気持ちよさや楽になる感じを与えてくれます。

ちなみに、セックスをした際の気持ち良さ・幸せな気分の正体は、エンドルフィンの効果です。

「ドーパミン」・・・やる気・モチベーションアップ

ドーパミンが多量に分泌されると、快楽を感じたり、元気になったり、脳の活性化に繋がります。

ドーパミンが分泌されると、ストレスホルモンの「コルチゾール」の分泌が抑えられるため。ストレスやうつ症状が抑えられます。

「セロトニン」・・・精神の安定・睡眠

セロトニンは精神の安定や幸福感をもたらしてくれる働きがあり「幸せホルモン」と呼ばれています。

セロトニンが不足すると体調が悪い、疲れが取れない、と言った症状が起きます。

起こりやすくなってしまいます。

笑うだけでこのような効果がある「笑い」を日頃から意識して生活すれば「幸福感」「やる気」「ストレス解消」ホルモンが分泌されます。

ま と め

日頃、笑うことが少ないと思った時、これをやるだけで効果があります。

それは、「脳をだます」ことです。

疲れた時やストレスを抱えている時は、口角が下がってしまいます。

「へ」のような口になった時はそうです。

しかし、口角を上げるだけで、脳は「笑っている」とだますことができるのです。

つまり、ストレスを抱えていても、意識して口角を上げているだけで楽しいんだと勘違いしてしまうのです。

「意識して口角を上げるだけ」

・幸せホルモン「セロトニン」が出る

・副交感神経が活発になりリラックスできる

・免疫力が上がる

他にも笑うと、口角を上げる大頬骨筋(だいきょうこつきん)や目の周りの眼輪筋(がんりんきん)などの表情筋が動くので顔の表情がよくなります。

イライラしてる時、辛いとき、不安なときなど、意識して口角を上げさえすれば、幸せになれるなんてなんとなく出来そうではないですか?

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

少しでもあなたの健康維持に役にたてば嬉しいです。


<スポンサードリンク>




Pocket

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ