自律神経が乱れる原因と症状、そして改善方法と治し方

Pocket

最近やる気が出ない、とかめまいがするなどの症状なら自律神経の乱れかもしれません。

自律神経の乱れは、五臓六腑まで病気にしてしまうので早めに改善することが大切です。

しかし、自律神経の乱れはなにが原因なのか?わからなければ対処しようがありません。

そこで、今のあなたの症状が自律神経の乱れからきているものなのか?

それをわかりやすく書いています。

辛い、自律神経の乱れを一刻も早く取り除いて健康的な毎日を送ってください。


<スポンサードリンク>




自律神経が乱れるとどんな症状が起きるのか?

自律神経が乱れると身体と心に様々な影響がでます。

例えば。。。

『自律神経が乱が起こす症状』

「身体の不調」

・ だるさ

・ 吐き気

・ 肩こり

・ 頭痛

・ めまい・耳鳴り

・ 下痢・便秘

・ 食欲がない

・ 不眠・寝不足感

・ 動悸(どうき)

「心の不調」

・ 不安感や緊張

・ うつ病

・ やる気が出ない

・ 集中力・思考力の低下

・ 人と関わるのが億劫

・ イライラ

・ 性欲減退

自律神経とは、あなたの意志に関係なく勝手に動かしている神経です。

例えば、呼吸するのは「今!吸って」そして「次に吐いて」とあなたが命令しているわけではありませんよね。

その他には、胃を動かす、肝臓を動かすなどそのほとんどは自律神経が制御しています。

つまり、自律神経は

・ 循環

・ 呼吸

・ 消化

・ 発汗・体温調節

・ 内分泌機能

・ 生殖機能

・ 新陳代謝

などあらゆるものを動かしているのです。

あなたが生きて行くことができるのは全て、「自律神経」のおかげなのです。

しかし、何らかの原因で自律神経系が乱れた場合、そのような症状のことを「自律神経失調症」と呼んでいます。

自律神経が乱れる原因とは

自律神経が乱れて現れる症状はまちまちです。

しかし、大きく関係しているのは「ストレス」です。

ストレスには「心のストレス」と「身体のストレス」があります。

『昼夜逆転からくる生活リズムの乱れ』

私たちは必ず体内時計をもっています。

そのリズムは「25時間周期」と言われています。

朝日を浴びることで1日をリセットし、夜に眠くなるようにセットされます。

昼夜逆転のライフスタイル(夜更かし、夜間勤務)ではこのリズムが狂ってしまいます。

『過度な精神的ストレス』

・ ノルマ達成などの仕事のストレス

・ この人とは合わない人間関係のストレス

・ プレッシャーの精神的ストレス

・ 引っ越しなどの環境の変化から来るストレス

『過度な肉体的ストレス』

肉体疲労が続くことで、精神的に弱っていきます。

力仕事が年中の場合、筋肉疲労が起き、慢性的な疲れ(疲労感)となります。

『疾病が原因の乱れ』

更年期障害はホルモンバランスが崩れることで、「イライラ」「多汗」「憂うつ」などの症状がでます。

また、自律神経失調症と呼ばれる疾病は過剰なストレスが続くことで自律神経が乱れ、その結果発症します。

つまり、自律神経が乱れる原因は、限度を超えたストレスなのです。


<スポンサードリンク>




自律神経の乱れの治し方・改善方法

自律神経が乱れる原因は「ストレス」です。

このストレスを低減できれば自律神経は正常働きます。

『助けを呼ぶ』

ストレスが心身ともに悪影響を与えるのは、ネガティブなことを考えそれが増幅してしまうからです。

例えば、ひとりで考え込んでポジティブに行こうと思っていてもネガティブな感情を振り払うことは難しいです。

そんなとき、「助けを呼ぶ」人がいれば、心は軽くなります。

親しい友人や親・兄弟などに洗いざらいブチまけることもときには必要です。

『人間本来のリズムを取り戻す』

人間には本能的に体内時計を持っています。

このリズムが「夜更かし」や「昼夜逆転」「夜勤の仕事」で狂うことで自律神経が乱れてしまします。

体内時計は、「25時間周期のサーカディアンリズム」が組み込まれています。

この25時間周期のサーカディアンリズムを直すことで自律神経が正常に働くようになります。

「体内時計を正常にする方法」

サーカディアンリズムを正常にする効果的な方法は、「朝日を浴びる」です。

時計の周期24時間に同調させることで狂った体内時計をリセットできます。

そして毎朝ほぼ同じ時間に起きて日光を浴び、1時間以内に朝食をしっかりと摂ることが大切です。

夜勤など仕事で朝方帰宅するのでしたら、朝日を浴び、朝食を食べた後に眠ることでリズムを作ることができます。

『深い睡眠をとる』

サーカディアンリズムから眠りを見ていくと、午前2時~4時に眠気がピークになります。

お昼ご飯を食べた後が眠くなる、のは消化に全神経が集まるから眠くなると言われています。

しかし、午後の眠気の原因は、「1.5~2時間周期のウルトラディアンリズム」のせいでもあるのです。

このウルトラディアンリズムのサイクルで行くとちょうど午後3時前後に眠気のピークがきます。

このとき、20分間だけ昼寝をすると体内時計のリズムが合うようになります。

ま と め

自律神経が乱れてしまうと、やる気が起きなくなってしまいます。

また、気力を失ってしまうので、ますます、弱気になっていきます。

このようなことわざがあります。

「病は気から」というのは、病気は気の持ちようによって、良くも悪くもなるということ。

つまり、自律神経の乱れを改善するのは「ポジティブシンキング」です。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

少しでもあなたの健康維持に役にたてば嬉しいです。


<スポンサードリンク>




Pocket

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ